こんにちは!スタッフ中川です101.png

毎日、自粛の日々が続いておりますが、皆様お元気ですか?
私たち、総合体力研究所のスタッフは今日も元気いっぱいです!

ここは大阪。周りでは、結構いろいろな流行り病で溢れかえっております。
では、そんな外から入ってくるウイルスや菌である病原体にどのようにすれば打ち勝てるでしょうか。

ステイヘルシー!流行り病に負けるもんか!!_e0355864_15135915.png

ほとんどテレビでも言われることはありませんが、外敵に勝つには自分の免疫力を上げるしかありません
では、今回は自分の免疫の力を上げるにはどうすればいいかを少しお話させて頂きます。

まず、ウイルスと菌の違いですが、菌は自己増殖が出来ます。
しかし、ウイルスは遺伝子を持っているだけで、自分では増殖できないので、人間の遺伝子を乗っ取り、寄生するように増殖をします。

そして寄生した細胞の中でウイルスがいっぱいになると、寄生させた細胞を壊して飛び出るので体全体へ広がっていきます。
ここで初めてウイルスに負けたと言うことになります。

噂のお薬は遺伝子合成やタンパク質合成を阻害して、ウイルスが増えていくのを邪魔するタイプです。
ただのウイルスによる侵入ですと、まだ一部の細胞が壊れている程度ですが、お薬の場合は全身の細胞が増殖するのを止めると言うことですので、正常な細胞も増殖できなくなります。と言うことは、ウイルスが減っても、それ以上に正常細胞が死んでしまいます。

では、免疫系の力を強化するには、仕組みをものすごーく簡単に言うと、Tリンパ球からキラーT細胞をつくり、Bリンパ球から抗体と言う、ものすごい数のミサイルをつくり外から入ってきた敵にくっつけてやっつけます。
このキラーT細胞とミサイル(抗体)の形は無数にあり、それぞれの敵に合わせて形が違います。
これを研究し発表され1987年にノーベル賞を受賞されているのが、利根川進さんです。

どんな敵がきても人間に無いところを見つけてそれに対して正しい軍隊を1000兆種類以上作ってやっつける事ができるというものです。
だからこそ、地球上で長い時間、生物は生き延びることが出来ました。その後にさらに1000兆の10~100倍作られていることも分かっています。

細胞は敵に侵入されるとあるサインを出して、体中回っている警察のような細胞に知らせます。
何度も確認して敵に侵入されたと分かると侵入された細胞に自死(アポトーシス)の命令を出します。
すると細胞は縮んでウイルス共々、他の細胞がきっちりと食べて処分します。

風邪を引いたときなど熱が出るのはウイルスや菌と戦っている証拠です。
体温が1℃上がると体の免疫が活性化しウイルスを死滅させます。
逆に体温が低下すると免疫力が落ちてしまいます。
アメリカなどでは40度前後でないと解熱剤は出さないそうです。

きちんと防御して入れさせないことが第一ですが、たとえどんな敵が侵入してきても、それを処理する力が大切です。
それには自分の免疫系を上げるしかありません。

自分の免疫系を強化するには、テレビでよく見かける何か一つを食べて「免疫力UP」しますなんてことはありえません。
何か一つだけを体に入れて免疫力が上がるということは体に敵が侵入してきたと認識したので、免疫システムが働いて自分の体の中の軍隊が敵を排除しようとしているだけです。

マスクや手洗い・うがいも大切ですが、本来の自分の体の免疫をきちんと作動させるには、材料と道具を入れてあげないとダメです!
材料であるブドウ糖(ごはんなど)・タンパク質(卵など)。
そして工具であるビタミン・ミネラル類
このブログでは口が酸っぱくなるほど毎回言っていますが、これしかありません。

ちなみに、スタッフは通常飲んでいるサプリメントの量を少し増やして合間にサプリケースに入れたビタミンCを無限に口に入れてます。

ステイヘルシー!流行り病に負けるもんか!!_e0355864_15463464.jpg

※写真はスタッフ中川が通常昼食後の飲んでいる量です。(これを1日3回)
ここに今はビタミンCつぶタイプを合間に口に入れて舐めています。

ステイヘルシー!流行り病に負けるもんか!!_e0355864_16045573.jpg

※スタッフ岡田は朝と晩の2回にわけてそこにプラスお昼に写真の量を摂っています。
ビタミンCは粉タイプを添付スプーンで3杯オブラートに包んで♪

END(次回は6/20更新予定)

by sougoutairyoku | 2020-05-20 13:43 | ●インフルエンザ・風邪

こんにちは。
スタッフの餅です102.png

子供さんがしんどそうにしていたり、食事も食べない、ぐったり...心配ですよね。
真っ先に病院に行きますよね。そしてお薬ですか!

お母さん、子供が熱を出したり、咳がひどくなったときどうされますか?_e0355864_14145125.png


その前に忘れないでください!!
①食欲がない場合でも、脳のガソリンであるブドウ糖だけはとる努力をしましょう!
でないと身体は筋肉を壊してブドウ糖を作ります。
ご飯がダメならおかゆ(注意・・下痢の時はダメです!)パンや麺類等、形を工夫して食べさせてください。
必要量が取れない時にはお砂糖(半分はブドウ糖です)やブドウ糖をプラスしてとらせてあげて。
全く食事ができない時は点滴をしますよね。すると元気になります。
点滴はブドウ糖の補給がメインです。
お母さん、子供が熱を出したり、咳がひどくなったときどうされますか?_e0355864_09452536.png

注意...下痢の時には、水分の多い食べ物をとると便は固まりません 
    おかゆではなく、ご飯をとりましょう!

タンパク質も頑張りましょう。
卵をうまく利用しましょう。
デザートのバニラアイスクリームやヨーグルトもタンパク質が入ってます。

③敵の侵入経路は、口や気管の粘液、粘膜です。
粘液、粘膜をしっかりするにはブドウ糖とビタミンA、Cが必要です。
敵と戦う軍隊がしっかりする為にはビタミンCが必要です。
総体ではお子さん用のビタミン、ミネラル入りのVMパウダーをお勧めしています。
水、牛乳、ヨーグルトに混ぜたりしてもOKです。
ビタミンCは500mgも入っています。
それにビタミンCをプラスすれば尚軍隊の力がアップします。


④熱や咳は身体を守る為に、出している大切な防御反応です。お薬は控えめにしましょう。

お母さん、子供が熱を出したり、咳がひどくなったときどうされますか?_e0355864_16043637.png

次回はなぜ、熱や咳を出しているかを説明しますね。


タグ:
by sougoutairyoku | 2019-09-06 10:40 | ●インフルエンザ・風邪

はじめまして、スタッフの中道です。

今回は冬にぴったりのドリンク「元気ジュース」を紹介します!
インフルエンザも流行し、寒さも厳しい毎日に、風邪の季節にもお勧めです。

VMパウダーで作る!元気ジュース!_e0355864_15091631.png

作り方はとても簡単!

コップ1杯のお湯
(冷たいのが良い方はお水でも)

VMパウダー
…1袋

ビタミンC粉末
…添付スプーン1杯~

砂糖
…ティースプーン1杯~2杯

(市販のブドウ糖タブレットでもOK)

すべて混ぜれば完成です。

甘酸っぱくスッキリした味なのでお子さんやお年寄りにもお勧めです♪

ポイント3つです!

このVMパウダー、1袋に私達の体に必要なビタミン、ミネラルが20種類も入っているんです!
ウイルスと戦うのに大切なビタミンCの量が1500mgも摂れます!市販の果汁ドリンクなどと比べると、驚きの差です。
砂糖を入れるので脳のガソリン、ブドウ糖も同時に補給可能です!

体調が悪い時こそしっかり栄養を入れてやり、体が戦うのを応援してあげてください。
安静に寝ているだけでは良くなりません。
その他、ビタミンB、Cのこまめな摂取は早期の回復に役立ちます。

「水分補給!栄養補給!暖かくして休養する!」

が元気になる近道です。

皆さんが元気にこの冬を過ごされることを願っています(^o^)/

3度の食事をどれだけ頑張っても、必要量の確保が難しいビタミン・ミネラルが21種類あります!
あなたの飲んでいるサプリメントには21種類全て入っていますか?

END


177.pngこちらもおすすめ177.png

こんなにたくさん!?
VMパウダー&ビタミンCの粉末の色々な摂り方

ホットVMジュース
オリゴ糖を入れても美味しい~!



by sougoutairyoku | 2019-02-06 14:29 | ●インフルエンザ・風邪

中川「風邪ひいたの記事、人気すぎへん?」

岡田「ホンマに!ちょっと怖いわ」

岡田「でも、大事な2話を見てくれへんねん」

岡田&中川
「ほな、1話と2話くっつけてしまおうや」


この記事は2017年1月に掲載

風邪ひいた。さあどうする?(殿堂入り記事)_e0355864_16024383.png

こんにちは
スタッフの岡田です(^○^)056.gif

お客様から、よくある質問
風邪をひいたらどうしたらいいの??

072.gifそこで緊急!072.gif
総合体力研究所スタッフ流
風邪をひいたら私はこうする!!

スタッフは、しっかり栄養素を摂っているので、毎日元気なのですが、ごくまれに…数年に一度位、風邪をひいてしまいます。人間だもの011.gif

風邪をひいたらどうする?
お客様に聞いてみました。

「風邪薬を買ってきて飲みます。」
「消化の良いおかゆを食べて、ひたすら寝るかな。」
「インフルエンザかもしれないから、すぐに病院行った方がいいよね?!」

答えは No !
総合体力研究所スタッフは、すぐに病院には行きません003.gif
(発熱38℃~39℃になった場合は病院に行って診断を受けることもあります。)

じゃあどうするか?

体を冷やさないようにして、こまめに水分を摂って、ゆっくり休みます。
ここまでは皆さんと同じですね。

ここからは、総合体力研究所スタッフ流034.gif

基本的にお薬は使いません。
普段の栄養素に加えて、ビタミンBとビタミンCを1~2時間おきに飲みます。

白血球は、菌やウイルスと戦うためにビタミンCを使います!抗ウイルス作用があるのは有名ですね。
菌やウイルスと戦うとき、体は必要に応じて熱を出します。その時にビタミンBやCを大量に消費します。
だから、こまめに、補わないとダメなんですね012.gif
特に解熱剤は39℃までは使わないで、使う場合は1℃下げるくらい少量を利用します。

ブドウ糖・たんぱく質をしっかり摂る!

以前の記事でお話しましたね。
(↓記事を読む↓)



一日に必要なブドウ糖は、白いご飯お茶碗3杯分

おかゆもお米ですが、水分が多い分ブドウ糖はとっても少ないです。大量に食べると下痢になりやすい…
なのでしんどくても、頑張って普通に炊いたご飯を食べるようにしています。

次にたんぱく質ですが、卵・肉・魚……をしっかり食べます。
体重50kgの方なら、1日卵3個または、お肉やお魚約300g位ですね!
う~ん。なかなかのボリューム!!

風邪ひいた。さあどうする?(殿堂入り記事)_e0355864_15412542.png

でも、風邪を引いたら、ご飯も食べれず、寝込むのみ………020.gifそんな方も多いのでは?

それじゃあ、なかなか治りませんよね!!

とっておきの作戦があります049.gif

その名も、
メガブドウ糖たんぱく作戦!!

ビタミンBビタミンCも大切ですが、何より基本の「たんぱく質とブドウ糖」を、ぜひ試してみてください。

しんどくて食事が摂れない時は、ブドウ糖は必ず摂取し、たんぱく質は控えめで結構です。

スタッフ中川3年ぶりに雨にうたれて風邪ひいた。
その時・・・


072.gifスタッフ中川風邪を引いた日のメニュー072.gif
食欲がある(または、努力してみる)

朝:白いご飯+温泉卵1個
昼:うどんに卵1個落とす
夕:豚しゃぶ鍋+温泉卵1個

毎食後の栄養素
オーソ21
ビタミンA
ビタミンB
ビタミンC
ビタミンE
7ミネラル
マグネシウムリッチ
プロテイン

更に、1~2時間おきに
●ビタミンB
●ビタミンC

食事の合間におやつとして
●ゼリー飲料 2個(ブドウ糖が入ったもの)
●プロテインゼリー 2個
●ヨーグルト 1個

017.gif以上、頑張って食べます!飲みます!!

005.gifそこまでする~!?

017.gifはい!ここまでします!早く治したいから053.gif

さ・ら・に!!水分補給は元気ジュースをこまめに飲みました167.png 

風邪ひいた。さあどうする?(殿堂入り記事)_e0355864_10023777.png

体調が悪く食欲がない時に
ブドウ糖とたんぱく質を摂る裏ワザは他にもあります!

スタッフが実際にやっていることをまとめてみました003.gif
    
072.gifご飯が食べれないなら固形のブドウ糖を舐めてもOK!(薬局・スーパーにあります)

072.gif甘いジュースを飲んだり、アイスクリームを食べる(砂糖の半分はブドウ糖です)

072.gifお菓子を食べるなら、おかき系(材料はお米ですね)

072.gifプリンなら卵(たんぱく質)とブドウ糖が同時に摂れます!

072.gifたんぱく質の多いヨーグルトを食べる(高たんぱくの商品も最近は増えてます)

072.gif卵豆腐や温泉卵なら飲むように食べやすい♪

072.gifプロテインを飲む(粒やドリンク)

072.gifゼリー飲料を利用する(ブドウ糖・プロテインが入っているか成分表を確認)

072.gifコーンスープを飲む(とうもろこしはブドウ糖たっぷり)


ここでポイント056.gif

食後2時間くらいは、横にならないこと

水平に寝転んでしまうと、食べ物が逆流し、消化管に負担がかかります。
消化不良をおこし、吐き気の原因に020.gif
しばらくはゆったり座ってくださいね。

ビタミンミネラルは食事だけでは足りないので、サプリメントでしっかり摂ってくださいね049.gif072.gif

少し意識するだけでも回復が全然違いますよ060.gif

しんどい時ぜひお試しください016.gif




END


by sougoutairyoku | 2019-01-29 18:22 | ●インフルエンザ・風邪

風邪予防について

こんにちは、スタッフの上杉です。
本当に 毎日 寒いですね~(>_<)

今日は ちょっとした 風邪予防対策について お話したいと思います。

皆さん ご存知の~ 外出先から帰ったら、手洗い うがいは もちろん予防になります~基本ですよね
風邪予防について_e0355864_16171211.png

私は ここ 4~5年くらい、もっとひいてないかもしれません。
<○○は風邪をひかない>
という説もありますが… 私かしら?笑

私は ちょっと喉が痛いな~っていう段階で、あることをします!!
かなり オススメですので 試してみてくださいね

あることとは…

ん?ちょっと 体調 変だな… 喉が 痛いな…
風邪予防について_e0355864_16162748.png

という、風邪ひいたかも? の段階で、対処をすることです!

具体例をあげると、
体に必要な、最低限の栄養を摂っているのを条件として、
即効性のあるビタミンB群ビタミンCを増やすことです!
私は トローチがわりに ビタミンCの粒を 舐めたりもします~
普段以上に ビタミンCの量を かなり増やします。

はい!たったこれだけで かなり 予防できますので、手軽で簡単ですので 試してみてくださいね

詳しい量や、飲み方については治療所の先生にお尋ねください。


風邪予防について_e0355864_15033802.png

END



by sougoutairyoku | 2015-12-16 14:56 | ●インフルエンザ・風邪