こんにちは!
スタッフの岡田です(^O^)

私の家族は、脳動脈瘤、解離性腹部大動脈瘤、椎骨動脈瘤を経験しており、何度も病院で一緒に話を聞きました。
とても身近に感じる病気のひとつです。
お医者さんに「遺伝するからあなたも毎年検診を受けたほうがいい」とおすすめされました149.png
今日は簡単に動脈瘤についてお話しします。

動脈瘤ってどんな病気?
血管の壁が弱く薄くなって、こぶのように膨らんでしまう病気です。
風船のように膨らむものや、全体的に膨らむものなど形は様々です。
こぶが出来る位置によって、脳動脈瘤、腹部大動脈瘤など呼び方が変わります。
血管は3層構造で出来ています。
一番内側の膜に裂け目が出来て、血液が真ん中の膜に流れ出してしまい(動脈解離)一番外側の膜が膨らんで、こぶが出来ると解離性動脈瘤と呼ばれます。
動脈瘤があっても症状が無い方がほとんどですが、解離性動脈瘤の場合、激しい痛みが起こります。
そして破裂すると命の危険があります。
e0355864_16323939.png
原因は?
高血圧、動脈硬化、喫煙、ストレスなどと言われています。

破裂の予防手術とは?
●こぶを金属製のクリップで挟む
●金属の細いワイヤーを丸めてコイル状にしてこぶの中に詰める
などがあり、どの手術も血液がこぶの中に入らないようにすることで、破裂を防ぐらしいです。


↓祖母に脳動脈瘤が見つかった時の実際の会話です↓


「薄くなって今にも破れそうな血管を一生挟み続けるんですか?破れませんか?怖いです…」

お医者さん
「稀ですが手術中に破れることもあるし、成功しても破裂の危険は残ります。コイルの場合、手術中に突き破ることもあるし、後日こぶからコイルがポロっと抜け落ちて、脳梗塞を起こすこともあります」


「……それって、予防手術の意味ありますか?」

お医者さん
「予防手術は万能では無いです。リスクを伴います。ですから、動脈瘤を早期発見するメリットはあまりない。と言われているお医者さんもいますよ」


「……このまま様子を見るという選択肢はないですか?」

お医者さん
「未破裂脳動脈瘤の破裂率は、年間0.5~2%です」


(心の声:そんなに少ないのか…良かった)

お医者さん
「おばあちゃんがあと20年生きるとして、2%×20年で=破裂率40%ですね」


「!????」

家族は手術を決めましたが、私は納得がいかず118.png

総合体力研究所に入社してから知った情報ですが、世界的医学雑誌のニューイングランドジャーナルでは、1cm以下の動脈瘤の破裂率は年間0.05%と発表されています。
ということは、0.05%×20年で=破裂率1%
日本とは大きく差がありますね。当時この数字を知っていたら……また何か違ったかな?と考えてしまいます。

お医者さんと何度も話をしていくうちに、病気を怖がるよりも、血管を作る材料の栄養をしっかり摂って、強くて丈夫な血管を作っていくことのほうが大事だなと考えるようになりました。


では、次回は丈夫な血管を作る具体的な方法。
TV・新聞・病院ではなかなか教えてくれない「栄養」のお話です。

END

by sougoutairyoku | 2019-11-14 15:51 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

こんにちは。スタッフの餅です。

↓前回の記事を読む↓


コレステロールの材料は、ブドウ糖果糖が変化したもの(アセチルCoA)から、肝臓で必要量を合成しています。
脂肪・タンパク質アセチルCoAになりますので、余ればコレステロールの材料になります。

脳のガソリンのブドウ糖からコレステロールが!
ブドウ糖はしっかりとらなきゃ。

果糖(果物)は中性脂肪だけではなく、コレステロールの材料に!
デザートも少しはとりましょう。

e0355864_14265650.png


ということは?ブドウ糖や脂肪、タンパク質をおろそかにするとコレステロールも作れないということですね!

食事からのコレステロールと肝臓で作ったコレステロールはVLDL→LDLの中に詰め込まれ全身に行きます。
回収車(HDL)は肝臓で作られて放出されます。

↓行先は過去のブログ参照↓



血液は水、コレステロールは脂なので、水の中を流れることはできないので、グロブリンというタンパク質に包まれて流れています。

LDLやHDLはコレステロールを包んで運搬するタンパク質の名前です。
コレステロールは裸で流れていません!


と言うことは勝手に血管にくっつけないということですね。
血液を流れているコレステロールは悪さをしません!

でも活性酸素が発生したら、真っ先に脂で出来ている血管の内皮の細胞が酸化され、活性酸素対応が遅れると、血管がどんどんやられて、血液を流れているLDLのタンパク質も酸化され、その中に入っていたコレステロール等の脂がむき出しになり酸化されてしまいます。


e0355864_14065651.png
e0355864_14100058.png
e0355864_14172359.png
e0355864_14100058.png
e0355864_14070960.png


→これが動脈硬化です!!怖い~。

じゃあ活性酸素から守る為には、どうしたらよいの?

世間ではリコピン?アントシアニン?ブルーベリー?等をとれば良いと言われていますが?

植物の色素をとってどうします。


本物は、ビタミンA・B・C・Eとミネラル(鉄・マンガン、銅、亜鉛、セレン)をしっかりと摂ることしかないです!!

3度の食事をどれだけ頑張っても、必要量の確保が難しいビタミン・ミネラルが21種類あります!
あなたの飲んでいるサプリメントには21種類全て入っていますか?

END


↓コレステロールについて↓


↓動脈硬化について↓




by sougoutairyoku | 2018-10-17 14:19 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

動脈硬化②

こんにちは!
スタッフの大森です。

↓前回の記事を読む↓

前回に引き続き、動脈硬化についてお伝えします!

コレステロールが悪者になぜされているのでしょうか?

動脈はどのように硬化していくかというと、まず動脈硬化は動脈の組織上の変形のことを言い、病名ではないそうです。

そして、動脈硬化になってしまうまで次の2つが出発点となります。

1.動脈の栄養失調による壊れた細胞・組織の作り変えができない

2.外的ストレッサー、菌や活性酸素などによる内皮細胞・組織の破壊

血管の内皮細胞はたえず、ストレッサーの活性酸素や、菌によって壊されています。出血を防ぐために血小板が集まり凝固物質を作り、血管修復を応援します。

栄養がたっぷりあれば、壊れたところは綺麗に作り変えられますが、栄養失調なので古いものばかりになってしまいます。なかなか治せないので壊れが多くなってきます。


e0355864_16343862.png


e0355864_16345238.png

壊れが多くなってしまうことから、処理し切れず、さらに活性酸素などに対する防御能力が低いと、脂肪を運んでいる運搬タンパク質の壁が壊されることで、コレステロールや中性脂肪などが血中に放出されてしまいます。出てくることで酸化され、壊れた部分にくっついてしまいます。


e0355864_16352132.png

こうしてコレステロールがくっついてしまうのを、ここだけピックアップして悪者にされているわけです。

話に戻ると、最終的にガチガチに固まってしまうのは、血液中にあるいろんなミネラルのイオン化して遊離したものが、そのかたまりなんかにくっついてしまうことで、硬くなってしまいます。
ノコギリなんかでないと切れないそうです。
こうしてようやく動脈硬化になります。

e0355864_16352935.png

ではどのように対策していけばいいのでしょうか?

やはりしっかり壊れたところを作り変えれるように1番の基本となる栄養をとるということになります。

血管の壁が古いものから新しいものへとしっかり作り変えられるように、ブドウ糖、タンパク質、ビタミンC、ビタミンA、などの栄養をきっちりとることが大切です。

活性酸素に対しては、ビタミンEB群がさらに必要です。

ブドウ糖のためにご飯180.pngやパン、タンパク質のために肉、卵といったものをしっかりとる。
1日3食食べて、材料をきっちりとりましょう165.png

さらに内容を詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生または、総合体力研究所の勉強会にお越しください。

END


次回の更新は、10月初め頃の予定です(*^_^*)
テーマは「コレステロール」です!!お楽しみに♪


by sougoutairyoku | 2018-09-20 13:51 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

動脈硬化①

こんにちは!
スタッフの大森です。

今回僕がお伝えするのは、動脈硬化についてです!

動脈硬化と言えば、動脈が硬くなり、血管が狭くなることで狭心症や心筋梗塞などの恐ろしい病気になる原因として知られています!

一般的に、動脈硬化になる原因としては、よくコレステロールが悪者にされていますね!

血中コレステロールが過剰になりすぎることにより、動脈の壁に入り込んでしまい、マクロファージが処理してくれますが多すぎるため、処理しきれなくなり死んでしまいます。

そうして死骸とコレステロールがたまってしまうことで動脈硬化になるとされています。

しかし、本当の原因はコレステロールではなかったのです!

はじめに動脈の構造は、大きく内側から内皮細胞組織、結合組織(繊維芽細胞)、平滑筋細胞組織、結合組織、外皮細胞組織という順に構成されています。
e0355864_14014662.png
そして、血管の内側の内皮細胞の細胞膜は脂で出来ています。油と油は仲が良くくっつきやすいですから、コレステロールも脂なので勝手に血管の壁にくっつかないように必ずタンパク質で包まれて運ばれています。(VLDL、LDL、HDLなど)

ということで、コレステロールが過剰になっても血管の壁に勝手にくっつかないので直接悪さをしている訳で無いのです。

コレステロールが、なぜ悪者にされているのでしょうか?

今回はここまで!詳しくは次回(9/20頃)です。

↓続きを読む↓



END


by sougoutairyoku | 2018-09-10 14:30 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化