こんにちは スタッフヒロです!121.png

↓前回の記事はこちら↓



傷跡を少しでも小さくするにはどうすれば良いか?

e0355864_17311085.png


まず最初に、傷の断面を綺麗に密着させることが大切で、皮膚の表面だけでなく真皮の方から圧縮しながら下から上まで切断面が綺麗にくっついていることが大切です。

しかしこれだけではまだまだ完璧ではありません。
先ほども言った通り傷は真皮から修復します。

しかし、材料がないと真皮と言う基礎は作ることができません。

では、この真皮はどの様な物で作られているかと言うと、主にコラーゲン(タンパク質)をメインにプロテオグリカン(タンパク質+粘性多糖体)、エラスチン(タンパク質)などで出来ています。
だからと言ってコラーゲンを直接摂っても胃や小腸で分解され、そのまま吸収されることはありません。またグリカン(多糖体)は分解できないので吸収されません。


コラーゲンを作るには=タンパク質(肉、卵など)、ビタミン(特にAとC)にミネラルが必要で、プロテオグリカンを作るには=タンパク質(肉、卵など)、ブドウ糖(白米、パン)、ビタミン(特にA)、ミネラルが必要な材料となります。

これらの材料が揃うことで、傷ついた細胞・組織は取り除かれ新しい真皮が作られます。
基底膜も真皮の毛細血管を通じて栄養をもらい、少しずつ修復され傷跡も狭くなります。
基底膜が修復されるとお母さん細胞(円柱細胞)は基底膜から栄養を受け取り綺麗なかたちで増えることができ、傷が目立たなくなります。

古い傷跡も真皮の部分は、常に作り変えられるので少しずつ基底膜も修復され出すと、傷口は小さくなる可能性があるそうです。

私自身、怪我で目じりの上に三日月のような傷が付いてしまい嫌だな~と思っていたのですが、しっかりと栄養を摂るようになってからは、かなり小さくなり今ではほとんどわからなくなりました。

詳しくは治療師の先生にお尋ねになるか、総合体力研究所の勉強会にお越しください。



END


↓おすすめの記事↓


by sougoutairyoku | 2018-08-31 14:41 | ●皮膚

傷には湿潤療法!?

こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

少し前の話なのですが、お盆休みに家族で旅行に行きました012.gif

家族の一員、アン(柴犬8歳)も、もちろん一緒にお泊りします!

で、私以外の家族はいつも泊まるホテルに泊まりましたが、

定員オーバーで私とアン(柴犬)だけが、初めて近くのペンションにお泊りです!

その日はぐっすり眠りました010.gif

次の日・・・「ギャー」

ダニ! ダニ!! ダ~ニ~!!!081.gif

なんと腕が・・・腕が!!首にも!かまれてる~!!
(あまりに首はお見苦しい為、下記の写真は腕のみ)

ちなみに、虫にさされる・かまれる・くわれるは地域によって言い方が違うらしいです034.gif

ハイ!ここで今回のブログの真の目的!

湿潤療法!

皆さんご存知の方も多いはず!

傷や火傷などに対して、従来の消毒液や乾燥させるなどの治療はせずに

「消毒しない」「乾かさない」「水道水で洗う」を用いた療法のことです!


さて!実験!

①オーソウォーターとクリームを塗ってから通に何もせず放置

②オーソウォーターとクリームを塗ってから絆創膏を毎日張り替え

③オーソウォーターとクリームを塗ってから「透明フィルムテープを3日ぐらい放置
(酸素カット)※お風呂に入ってもはがさず、そのまま。

さて皆さん!どれが一番早く治ったと思いますか?

答えは写真で・・・

e0355864_17294545.png

そう!③の透明フィルムテープを3日ぐらい張りっぱなしが一番キレーに治りました049.gif

ちなみに①は写真を撮り忘れましたがいまだにかゆい!!

今回ダニにかまれてものすごくかゆい!かゆい!蚊の100倍ぐらいかゆい!と私は感じました!

そこで所長に相談・・・

033.gif「かゆいよ~かきたいよ~」

034.gif「爪でかくと一時的にはかゆみは収まるが、そこが傷になり炎症が起こるので、さらにかゆみの原因や傷あとになるよ」

033.gif「でも、ど~しよ~かゆい~」

034.gif「タオルでこするか、そこの患部をかくのではなく100回ぐらいこするといいよ」

そこで私は20回くらい患部をこすると収まりました!

ダニにかまれた私と一緒にするのは申し訳ないですが、アトピーの方にもこの方法オススメです!

私も傷跡などが、なかなか治りくい年になってきましたが011.gif

それでも、体の中から皮膚の土台をオーソ21とビタミンAとビタミンCで強化しているため、

シミや傷あとが同年代の人より目立たないとよく言われます!

「からだの中から栄養を入れオーソウォーターやクリームと一緒に湿潤療法をして患部を掻かずにこする」

これで夏の終わりに虫刺されをされた方や軽い切り傷や擦り傷の時はぜひ試してください!




更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_18012713.png
END



by sougoutairyoku | 2016-09-07 09:52 | ●おすすめ商品・活用術