タグ:ステロイド ( 2 ) タグの人気記事

皮膚の修復の過程

こんにちは。
スタッフの餅です。

↓前回までの記事↓




表皮は血管がないので、うすく切っても血は出ません。
でも深く切ると真皮には血管があるので、傷つき壊れたら血が出ます。

その時、傷ついた皮膚を治そうとして血液が一杯届くので赤くなります。
ひどいと熱くなったり、腫れたりすることもあります。

でも慌てないでください!!
赤いのは血液の色ですよ。なにもなってない所は赤くはなりません。

でも、中味(傷を治す材料)が足りないと ず~っと赤いままなんですって。
もっと血液を届けてほしい!と身体が訴えたら、かゆみが出てくることもあります。

血液がもっと欲しい時に体内で作る物質はヒスタミンです。

ヒスタミンは血管を拡げ、足りなければマッサージしてくださいということらしいです。
そんな時に抗ヒスタミン剤(ヒスタミンを抑える薬)を塗られる方も……
我慢できなければ仕方ないですが、血液を届ける大事な働きを邪魔します。

e0355864_11292271.png

カサカサ皮膚や、傷ついた皮膚は、ばい菌の餌になったり、ばい菌等が、傷口から侵入してきます。

ばい菌と戦うために軍隊が出てくるので、更に血液が集まり、もっと赤くなったり痛みも出てくるときがあります。

病院に行ったら、副腎皮質ホルモンが出されるかも?
塗ると皮膚の症状は無くなったかのように見えます(治った??)
ところが、皮膚の壊れた個所に血液も、軍隊も来ないので、その場所は治すことはできなくなり、全て放棄、治りません。
薬を止めたら又赤くなり、塗っては抑える……繰り返してしまいます。
我慢できない時には、オーソウォーターの上から、綿棒でひどい個所に点塗りがお勧めです。

治すために、材料を沢山入れても、外から壊されては大変!
そんな時に、外からの侵入を防いでバリアーを作ってくれるのが、オーソウォーター(&クリーム)です。
カサカサ皮膚だと、栄養分が届きません。表皮を少しでもしっとりさせる応援にもなります。
ジュクジュクになったら、OKです。
皮膚の成分しか入っていないのと、異物が一切入っていないので安心して使えます。

お薬はつらい時に最小限で、修復する為の条件をアップすることが治る事に繋がります。

更に詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねになるか、総合体力研究所の勉強会にお越しください。

次回の更新は、1/30頃の予定です110.png

END

おすすめ商品
↓オーソウォーター&クリーム↓




by sougoutairyoku | 2018-01-19 11:38 | ●皮膚

子どもと栄養素

こんにちは
スタッフの藪岡です。

総合体力研究所のスタッフになり約半年が経ちました。
日々の業務を通して、身体が本来持つ力を発揮するためには十分な栄養素を摂らなければいけないことを知りました。

私には小学校2年と年少の息子がいます。長男は、ADHDやアトピー性皮膚炎を持っています。正分子療法と出会って、ADHDのお薬や、ステロイドを少しでも減らせたらと思っています。

常に栄養が体の中にある状態にするため、子どもの生活リズムの中に1日4回サプリメントを摂る時間を設けています。

私の子ども達が摂っている栄養素は
オーソ21、オーソC、ビタミンC粉、オーソADc、VMパウダー、プロテイン・タブレット、オーソオリゴです。

初めはどのようにサプリメントを摂らせれば良いかわからず、試行錯誤しながらだったので習慣化するまでが大変でした。
今回は私が工夫していることを取り上げたいと思います。


1.形状を変える
オーソCやオーソADc、オリゴはお菓子のように噛んでも舐めてもおいしいので苦労しないのですが、小学校低学年の息子は粒状の栄養素をまだ飲み込めません。なので、プロテイン・タブレットやオーソ21は粉にして食事に混ぜ込みます。

2.味を変える
プロテインは粉状にして、お好み焼きやてんぷら粉、きな粉など粉ものに混ぜます。
オーソ21も粉状にして、1回1粒分を少量の味の濃い食べ物(赤だし、ラーメンのスープ、ソースやタレ、ココア等)に入れて飲ませると嫌がらずに食べます。
VMジュースは炭酸割や水の配合を変えることで変化をつけます。
他にも過去記事に食べやすく工夫されたレシピがたくさんあるので、参考になさってください。

↓参考記事↓


3.伝える
栄養素の大切さを理解するのが難しい年頃なので、いろんな形で励ましたり、体の中から強くしていることを伝えます。

e0355864_14460773.png

総合体力研究所に出会う前は、減らしたいという願いに反して、薬の強さや量が徐々に増えていきました。そして我が子はいつまでステロイドを使い続けるのだろうかという疑問がありました。それが辛く、葛藤しながら使っていました。不安から薬を与える度に悲しくなり、イライラする事もありました。
また、アトピー性皮膚炎はとてもかゆく、ひっかき傷がしみて痛いようです。子供がかゆがる様子がとても辛く、心が折れそうになります。かゆみが強く寝付けない長男の背中を泣きながらさする夜もあります。このアトピーに対応できる体づくりを願っています。

アトピー性皮膚炎だけではなく、闘病でくじけそうな時は一人で悩まず、栄養素を取り扱っている治療師さんや総合体力研究所に相談してください。一人一人に合ったサプリメントの摂り方や資料を提供してくださいます。




総合体力研究所インスタ更新中177.png



by sougoutairyoku | 2017-09-20 15:05 | ●正分子療法・体験談