動脈硬化②

こんにちは!
スタッフの大森です。

↓前回の記事を読む↓

前回に引き続き、動脈硬化についてお伝えします!

コレステロールが悪者になぜされているのでしょうか?

動脈はどのように硬化していくかというと、まず動脈硬化は動脈の組織上の変形のことを言い、病名ではないそうです。

そして、動脈硬化になってしまうまで次の2つが出発点となります。

1.動脈の栄養失調による壊れた細胞・組織の作り変えができない

2.外的ストレッサー、菌や活性酸素などによる内皮細胞・組織の破壊

血管の内皮細胞はたえず、ストレッサーの活性酸素や、菌によって壊されています。出血を防ぐために血小板が集まり凝固物質を作り、血管修復を応援します。

栄養がたっぷりあれば、壊れたところは綺麗に作り変えられますが、栄養失調なので古いものばかりになってしまいます。なかなか治せないので壊れが多くなってきます。


e0355864_16343862.png


e0355864_16345238.png

壊れが多くなってしまうことから、処理し切れず、さらに活性酸素などに対する防御能力が低いと、脂肪を運んでいる運搬タンパク質の壁が壊されることで、コレステロールや中性脂肪などが血中に放出されてしまいます。出てくることで酸化され、壊れた部分にくっついてしまいます。


e0355864_16352132.png

こうしてコレステロールがくっついてしまうのを、ここだけピックアップして悪者にされているわけです。

話に戻ると、最終的にガチガチに固まってしまうのは、血液中にあるいろんなミネラルのイオン化して遊離したものが、そのかたまりなんかにくっついてしまうことで、硬くなってしまいます。
ノコギリなんかでないと切れないそうです。
こうしてようやく動脈硬化になります。

e0355864_16352935.png

ではどのように対策していけばいいのでしょうか?

やはりしっかり壊れたところを作り変えれるように1番の基本となる栄養をとるということになります。

血管の壁が古いものから新しいものへとしっかり作り変えられるように、ブドウ糖、タンパク質、ビタミンC、ビタミンA、などの栄養をきっちりとることが大切です。

活性酸素に対しては、ビタミンEB群がさらに必要です。

ブドウ糖のためにご飯180.pngやパン、タンパク質のために肉、卵といったものをしっかりとる。
1日3食食べて、材料をきっちりとりましょう165.png

さらに内容を詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生または、総合体力研究所の勉強会にお越しください。

END


次回の更新は、10月初め頃の予定です(*^_^*)
テーマは「コレステロール」です!!お楽しみに♪


by sougoutairyoku | 2018-09-20 13:51 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

動脈硬化①

こんにちは!
スタッフの大森です。

今回僕がお伝えするのは、動脈硬化についてです!

動脈硬化と言えば、動脈が硬くなり、血管が狭くなることで狭心症や心筋梗塞などの恐ろしい病気になる原因として知られています!

一般的に、動脈硬化になる原因としては、よくコレステロールが悪者にされていますね!

血中コレステロールが過剰になりすぎることにより、動脈の壁に入り込んでしまい、マクロファージが処理してくれますが多すぎるため、処理しきれなくなり死んでしまいます。

そうして死骸とコレステロールがたまってしまうことで動脈硬化になるとされています。

しかし、本当の原因はコレステロールではなかったのです!

はじめに動脈の構造は、大きく内側から内皮細胞組織、結合組織(繊維芽細胞)、平滑筋細胞組織、結合組織、外皮細胞組織という順に構成されています。
e0355864_14014662.png
そして、血管の内側の内皮細胞の細胞膜は脂で出来ています。油と油は仲が良くくっつきやすいですから、コレステロールも脂なので勝手に血管の壁にくっつかないように必ずタンパク質で包まれて運ばれています。(VLDL、LDL、HDLなど)

ということで、コレステロールが過剰になっても血管の壁に勝手にくっつかないので直接悪さをしている訳で無いのです。

コレステロールが、なぜ悪者にされているのでしょうか?

今回はここまで!詳しくは次回(9/20頃)です。

END


by sougoutairyoku | 2018-09-10 14:30 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

こんにちは
スタッフの餅です。

前回の脂肪の続きです…




脳はブドウ糖(白米、パン、麺類)がガソリンでしたね。ブドウ糖を食べないと、身体(タンパク質)が壊され、体重は落ちます。
糖尿病の末期に出てくるケトン体もでてきます。やばい!007.gif

脳以外は脂肪がガソリンでしたね。

その脂肪を正しく消費するためには?

①脂肪はじっとしていても100g、活動量の違いにより100gから200g必要です。

毎日100g以上の脂肪を、食事から摂ることは無理(お肉600g)なので、余ったブドウ糖と果物やデザートを、肝臓で脂肪に変えることで、脂肪の確保ができます。

②でも一日必要量以上の脂肪を貯めこまない事…果物、デザートは食べ過ぎないことでしたよね。

脂肪組織に貯められた中性脂肪は、せっかく集めた3本がバラバラにされ、1本の脂肪酸になって血中にほりだされます。

脂肪酸は界面活性剤(脂と水の両方の性質を持っている)です。
脂の部分は血管(内面は脂)とくっつき、水と仲の良い部分は血液の中を流れていくので、そのままだと血管をはぎ取ってしまいます。
恐い…008.gif

でも大丈夫です003.gif

脂肪酸は、必ず「アルブミン」というタンパク質に包まれて、運ばれていきます。

血中の脂肪、コレステロールはタンパク質に包まれているので、血管にくっつきません!


タンパク質は身体作りだけではなく、脂の運搬にも関係しているのでしっかり摂りましょう。

アルブミンに包まれた脂肪酸は、筋肉、軍隊などのガソリンになるために取り込まれました。

そしてエネルギーの工場(ミトコンドリア)に入ります。

あれ?入らない!ブドウ糖はす~っと入れたのになぜか入れません。

カルニチンがないと脂肪酸は工場に入れません。
e0355864_15024914.png

e0355864_14554731.png
e0355864_14532240.png



次回はカルニチンを017.gif


更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。


↓「脂肪」に関するオススメ記事↓


e0355864_12413112.png
END


by sougoutairyoku | 2017-02-08 15:29 | ●脂肪

こんにちは!スタッフの餅です!
今日は、コレステロールについての疑問にお答えします。

↓前回の記事を読む↓
コレステロールと脳のお話①
コレステロールから何を作っているか?②
コレステロール善玉?悪玉?③

<疑問について>


コレステロールが高いと悪い?良い?
コレステロールは常に、
その人にとって、今必要な量を合成しているそうです。
上限がなくなるとかの話も耳にしますが、今の検査の上限は220といわれています。
でも280位が一番元気で長生きの新聞情報が出ていました。

高いと動脈硬化?
動脈硬化になった血管は、
のこぎりで切っても切れない位固そうです。

e0355864_11532930.png

コレステロールは脂ですので、軟らかいらしいです。
じゃあなぜ硬いの??
実はカルシウム等のミネラルがガチガチについているそうです。
じゃあ、カルシウムもなぜ犯人にならないの?と思いませんか?
私はおかしいなあと思います。013.gif

食事でコレステロールを含む食品を控えてる方
食事由来が20%位、残り不足分は肝臓で合成しています。
食事から沢山入ってきたら、肝臓の合成がコントロールされるようです。
ということは・・・
食事で沢山取ったら肝臓が楽になるということですよね


e0355864_15120239.png

コレステロールを運動で下げようと思っている方
運動する時のガソリンは、脂肪です。
コレステロールは体の材料になりますので、関係ありません。
ただし、身体をこわす様なハードな運動は細胞がこわれますので、修復の為にコレステロールは上がります。

コレステロールの大切さが少しでも、分かって頂けましたか?
毎日の食事で卵や肉中心の私のコレステロール値
ずっ~と低かったのですが
(180~190)やっと200台になりました。
良かった(笑)053.gif 皆さんはどうですか?003.gif

更に、詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_12413112.png
END


by sougoutairyoku | 2015-11-18 11:39 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

こんにちは、スタッフの餅です!
前回のお話の続きです。

記事を読む↓
コレステロールと脳のお話①
コレステロールから何をつくっているか?②

<善玉003.gif、悪玉031.gifコレステロールって何?>


e0355864_15023201.png

悪玉LDLと言われるコレステロールは、肝臓で作ったコレステロールと、食事からのコレステロールを、肝臓から必要な所に運搬するタンパク質(トラック)なんです。

ある地域が水害でやられました。
必要なものをトラックで運ばないとやられた人は生きていけません。
それがLDLですが、悪玉と言いますか?033.gif

運ばれたLDLコレステロールは、現場で全て取り込まれます。
前回の記事で、全ての細胞もコレステロールをつくっていると言いましたね。
作りすぎたコレステロールは、これらを肝臓に戻す為に、回収をする為の運搬タンパク質(トラック)が肝臓でつくられます。
それがHDLと言うたんぱく質です。
それを善玉と言っているようですが??

運搬も大事、回収も大事、どちらも必要でしょ。034.gif
善、悪ではなくどちらも大切なコレステロールですよ。
次は最初の疑問に対する考え方をお話しします。


更に詳しく知りたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_12413112.png


END




by sougoutairyoku | 2015-11-11 11:27 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化



こんにちは スタッフの餅です!

前回のお話の続きです。

↓前回の記事を読む↓
コレステロールと脳のお話①

<コレステロールから何をつくってるか>

まずコレステロールは全ての細胞がつくりますが肝臓で特につくられています。
そして・・・その材料は脳のガソリンであるブドウ糖などからつくります!

コレステロールは
人間の基本である60~100兆の細胞膜の材料です。
各細胞の中で作られ、細胞膜をしっかりとする鉄筋の役目をしています。
コレステロールがなかったら、細胞は生まれ変わることができません!
壊れた細胞を元に修復できません!

女性ホルモン、男性ホルモンの材料になります。
コレステロールがなかったら、赤ちゃんはできません。
卵子も精子もつくられません。
もちろん生理もおこりません。

ビタミンDの材料に
ビタミンDは骨に欠かせないのはご存知ですよね。
コレステロールがなかったら骨が維持できません!

ストレスがかかった時に、対応するためのストレスホルモン、
副腎皮質ホルモンの材料になります。
コレステロールがなかったら、ストレスに勝つことはできません。

胆汁って聞いたことありませんか?
脂の吸収、脂性の毒物排出に関係している胆汁の材料になります。
コレステロールがなかったら、脂性ビタミンの吸収も、
お薬や農薬の排出もできません!


e0355864_15425483.png


コレステロールってすご~い

全て命に直結しているのですよ。
018.gif

次回は悪玉?善玉?コレステロールについてお話しします。



更に詳しく知りたい方は、治療の先生にお尋ねください。

e0355864_12413112.png

END



by sougoutairyoku | 2015-11-04 14:38 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化

e0355864_15470886.png
e0355864_15464992.png

こんにちは スタッフの餅です!

コレステロールの全てを、お話しします。

世間では健康の目の敵にされているのですが、果たしてそうなのか?
本当の姿を知ってもらいたいと思います。

コレステロールが一番沢山存在している所、どこだと思いますか?
血液血管

実は・・・

ですよ!


なんと体のコレステロールの30%は脳にあります。034.gif
脳を守ったり、伝達に関係しているそうです。

● コレステロールが高いと悪い?良い?
● コレステロールが高いと動脈硬化の原因になる?
● コレステロールを含む食材を控えている方に
● コレステロールは運動で下げなきゃと思っている方に

少し考え方を変えて頂きたいと思い、情報をお届けします。

コレステロールから大事な物を、いっぱいつくっています。
コレステロールは
身体の何処でつくられて何の材料になっているか?
を次回お話しますね。043.gif



END


by sougoutairyoku | 2015-10-28 14:37 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化