こんにちはスタッフのひろです。(*-*)
もうすぐ寒い日も終わり春の温もりを少しずつ感じる今日この頃。今年の冬は特に寒く、乾燥肌や肌荒れに辛い思いをした方も多かったのではないでしょうか?私自身、年末の大掃除の時に手袋をせずに洗剤を使って掃除をしたため、手の平がとんでもない事に..

大掃除の次の日 

e0355864_15142843.jpg

ひび割れして痛くて辛い~142.png

缶コーヒーのホットも熱くて持てないぐらい痛みます148.png
こんな時に頼りになるのが、オーソウォーターとクリームのゴールデンコンビ!165.png先にオーソウォータを2~3回pushし、万遍なく塗ります。そして乾いた後オーソクリームでコーティング。



二日後
e0355864_15173228.jpg

二日前に比べると、少し痛みますが随分綺麗になりました。121.png




四日後

e0355864_15185825.jpg

痛みもなく元のすべすべの手の平に戻りました102.png


自分でもびっくり!オーソウォーター&オーソクリームさすがです!
皮膚は体の中からつくるので栄養素もしっかり摂って、オーソウォーターで保湿、オーソクリームで保護をすることが一番の肌対策だと思うので、肌荒れや乾燥肌でお悩みの方は是非お試しください。(^∇^)

過去のおすすめの記事
 ↓↓↓
お肌にビタミン足りてますか?~秋冬・乾燥対策~







END


by sougoutairyoku | 2018-03-30 16:26 | ●オーソウォーター・クリーム・ソープ

こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

今日は、皆様のご要望にお応えしまして、総合体力研究所のスタッフが実践している酸っぱーいビタミンC粉末タイプやワンパータンになりがちなVMパウダーのお手軽でおいしい摂り方をご紹介します111.png

毎日手軽におすすめの摂り方

177.pngはちみつレモン風C粉ドリンク
・ビタミンC粉1g(添付スプーン1杯)
・ハチミツ(ティースプーン2杯)
・お水or炭酸水orお湯
ハチミツをお好みの配分に変えてもOKです!冬はホットで夏は炭酸水もおいしいです。

e0355864_16133446.png



177.pngレモンティー風紅茶
・紅茶
・C粉(適量)

177.png栄養満点ジュース
・VM1袋
・C粉1g(添付スプーン1杯)
・オリゴ1袋
・水120ml(コップ1杯程度)

177.png私は食後、1回に3g(添付スプーン3杯)摂っているのでコップ半分の水に一気に溶かしてその他のサプリメントと一緒に口の中に流し込む感覚で飲んでいます。酸っぱいけど一瞬です。


スポーツ時におすすめの摂り方

177.pngC粉スポーツドリンク
・水500ml(ペットボトル1本)
・C粉0.5~1g(添付スプーン1杯まで)
・スポーツ時は口がさっぱりするそうです!

177.png熱中ジュース
・VM(1袋)
・C粉1g(添付スプーン1杯)
・水500ml(ペットボトル1本)
・塩0.5g(ひとつまみ)
熱中症への対策におすすめです!
レシピはこちらの記事で!
↓  ↓


お料理におすすめの摂り方

177.pngポン酢
・C粉(適量)
・お醤油orだし醤油
ポン酢になります!ちなみに私はお肉とお野菜の炒めものなどにもこのC粉ポン酢で味をつけたりしています。
レシピはこちらの記事で!
↓  ↓

177.pngドレッシング
・C粉(適量)
・粉チーズ
・サラダ
(オリーブオイルもお好みで)
まぜるとおいしいドレッシング代わりになるそうです!

177.pngC粉いろいろ活用
じゃこ ・お漬物・からあげ・焼き魚などレモンやすだちなどを使うお料理にはなんでもOK!

177.pngお通じオススメヨーグルト
・無糖ヨーグルト
・C粉1g(添付スプーン1杯)
・オリゴ糖(1袋)

177.pngVMゼリー
・VM 3袋
・牛乳250cc
・市販のゼラチンパウダー5g
牛乳にVM3袋をまぜて、そこにゼラチンを大さじ3杯のお湯でとかしたものをまぜながら入れ、カップなどに小分けして冷蔵庫で冷ますこと約40分で出来上がり。

177.pngミックスアイス
・バニラ味アイスクリーム
・VM(適量)
ミックスジュースのようなアイスクリームになるそうです。

e0355864_16015254.png

177.pngじゃりパン風
・食パン
・マーガリンorバター
・VM(適量)
じゃりパンのようになるらしいです

177.pngミックスジュース味ヨーグルト
・ヨーグルト
・VM (適量)
スタッフはここにオーソ21とオーソBを荒く砕いて食べているそうです。
そのスタッフ曰くカリカリしてておいしいとのこと・・・

177.png通な食べ方
・麺(そーめんやお蕎麦)
・C粉(適量)
よく食通の人がお蕎麦などをお塩で食べる感覚だそうです。

177.pngカレー + C粉(適量)
お子様には少し苦いようですが、大人の方には違和感なくオススメです!

177.pngレアチーズケーキを作る時にレモン果汁の代わりにC粉を入れてもおいしいです!


番外編!こんな摂り方も!

177.png焼酎VM
・お酒
・VM(適量~1袋)
特に焼酎がおいしいそうです。ただしお酒の飲みすぎは注意です!

177.pngコーヒーVM
・コーヒー
・VM(適量~1袋)
味がマイルドになり、コーヒーが苦手な人にもオススメです!
なんとなくルイボスティーのような・・・そうでないような。

その他にも過去の記事にこんなオススメ方法も!
↓  ↓




皆様ご参考になりましたでしょうか?
その他のオススメのレシピがございましたらぜひスタッフまでお教えください110.png


END


インスタ更新中177.png



by sougoutairyoku | 2018-03-20 13:40 | ●おすすめ商品・活用術

こんにちは。
スタッフの上杉です。

この時期、花粉症も話題になりますが、PM2.5もよく耳にしますね。

たしかに 空や 遠くが霞んで見えるとあまり気分は良くないですよね…

e0355864_16221453.jpg

PM2.5は大気汚染の原因物質とされています。

工場や、火力発電所、自動車、船舶、飛行機etc…

これらのガス状物質が大気中で 光やオゾンと反応しPM2.5が生成されます。

PM2.5は、大気中に漂う2.5マイクロメートル(マイクロは100万分の1メートル)
以下の非常に小さな微粒子ですので、肺の奥まで入り込みやすく、ぜんそくや気管支炎などのかたは、マスクをするなど、対策が必要ですね。


しかし、同じ地域で暮らしていても、花粉症やPM2.5の影響を受けない人もいますよね。
その違いは何でしょう?

同じ地域、環境で暮らしていても、PM2.5や、花粉に負けず、風邪にもかからない人もいますよね~102.png

e0355864_14302277.png
一言に、風邪と言っても、風邪のウイルスだけでもたくさんあります。

防御する力のある人は、ふりかかってくるウイルスや、PM2.5を粘膜上でとらえ、気管の場合は、それを痰として放出できます。

しかし、粘液が少なく、粘膜の弱い人は排出できず、敵が体の中へ侵入してしまい、最悪、肺炎になったり、気管支炎になったりする恐れもあります。恐いですね140.png

つまり、自分自身が、外敵から負けない力、体力作りをすることが大切になります。

ここで、皮膚粘膜作りに欠かせないのは、たんぱく質、ブドウ糖(白ご飯)、ビタミン、ミネラルですが、とくに、ビタミンAとCが必要です!!

e0355864_14303764.png
部屋が乾燥しないように、加湿器や濡れタオルをかけるなど、保湿性にも心がけて 予防しましょう!

詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねになるか、総合体力研究所の勉強会にお越しください。

END 



総合体力研究所インスタ更新中177.png






by sougoutairyoku | 2018-03-09 14:35 | ●季節のお悩み・対策