こんにちは。スタッフのひろです。

前回の続き↓

結石の種類としてよく聞くのがシュウ酸カルシウム結石

シュウ酸やカルシウムの摂りすぎと言うのは大きな間違いで
シュウ酸を含む食べ物をいくら食べても、食べ物と体にカルシウムが満たされていればシュウ酸はカルシウムとくっついて大部分は便として排出され、残っていても尿として排出されます。

逆にカルシウムが足りないとどうなるかと言うと人間は血液のカルシウム濃度のバランスを一定に保つ仕組があります。

カルシウムが足りないと骨をどんどん溶かし、この状態が続くと骨はスカスカになり血中濃度はどんどん上がります。

この時にシュウ酸があればくっ付いて結石になる可能性が高くなります。

なので大切なのはカルシウムを含む食べ物を控えるのではなくその逆でむしろきっちりカルシウムとミネラルを摂り血中のカルシウム濃度を一定に保つことが大切です。

ただし食事でバランスよく摂ることは難しいと思うので、サプリメントを利用することがお勧めです。


その他に過度な減塩をすることにより血中のナトリウムの濃度が低下すると、骨を溶かしてナトリウムを補います。

骨の中にはカルシウムが100あるとすればナトリウムは1しか存在しません。

つまり少しのナトリウムを取り出すのに大量の骨を溶かさないとナトリウムを取り出す事が出来ません。
当然骨を溶かすのでカルシウムの血中濃度が上がり結石の出来る確率は上がります。

その他にもミネラル類だけではなくビタミンCが欠乏すると血管や骨を壊すことになり、その結果カルシウムの血中濃度が上がり結石になりやすくなります。

そしてカルシウムの血中濃度は2種類のホルモンによって濃度をコントロールしているのでビタミンDとの関係が重要です。
その他にも睡眠不足やストレスで交感神経が優位な状況が続くと尿管が収縮し流れが悪くなるので詰まりやすくなります。

出来てから対処するのではなく、出来る前にカルシウムやその他ミネラル、ビタミンをきっちり摂り、こまめに水分の補給を行い、生活のリズムを改善することが結石を予防する近道だと思います。



私自身これらのことを実践することにより再び結石に悩むことはなくなりました。

くわしくは、治療の先生や総合体力研究所の勉強会に来てくださいね!



END

タグ:
by sougoutairyoku | 2017-06-28 15:12 | ●結石


こんにちはスタッフのひろです。

今日は「三大激痛」の一つと言われる結石の話をしたいと思います。


七転八倒 結石の真実と間違い_e0355864_16211233.png
なにを隠そう私もその経験者の一人(総合体力研究所に入社する前)で、今日はその実体験をもとにお話しをしたいと思います。

まずどれくらい痛いかと言うと、結石の大きさや形などで異なりますが、私の経験したのはまるでアイスピックでお腹をサクサク刺されたような痛みであまりにもの激痛に動けなくなりました。

あの時の痛みといったらそらもう.....思い出しても涙が出ます(T^T)

そんな大層なと思われるでしょうが・・・

出典farm7.static.flickr.com

(大きさは3mmから7mm、まれに1cmの物もある)

この写真のようにこんなイガイガしたものが腎臓から尿管、そして膀胱を通り尿道を通るのですからその痛みは...尋常じゃないです。

一般的な治療は9mmまでは自然排出しますが10mm以上だと自然排出は難しいと言われ体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を進められます。

結石が尿管を移動するたびに七転八倒する激痛。

費用も結構高額。誰だってこんな痛い経験や出費はしたくないはずです。

ではどうすればよいか?それを今から説明します。

よく一般的に結石になる原因で言われるのがホウレン草や枝豆、コーヒーに含まれるシュウ酸を含む食べ物の食べ過ぎ。動物性たんぱく質の食べ過ぎ。

カルシウムやビタミンCの過剰摂取など言われますが本当にそうなのでしょうか?
いいえ、この考えは実はもう「時代遅れ」なのです。
続きは次回もう少し詳しく話したいと思います。

くわしくは、治療の先生や総合体力研究所の勉強会に来てくださいね!




END


タグ:
by sougoutairyoku | 2017-06-21 15:42 | ●結石

妊活のスタート

こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

前回の続きです↓



妊活のスタート_e0355864_16594888.png
●ホルモンの材料は?

①脳(視床下部)から「ホルモンを出しなさい」と命令
 ↓
②脳下垂体がそれを受けて卵巣へ「ホルモンを出しなさい」と命令。
 ↓
③卵巣がそれを受けてようやくエストロゲン(女性ホルモン)やゲスターゲン(黄体ホルモン)が出ます。

妊活のスタート_e0355864_18301068.png

前回、脳は現場(卵巣)の様子だけを見て命令するのではなく、お母さんの体全体を見て、からだ全体が健康で正しい遺伝子が次の世代に送れるようになり、はじめて脳が「ホルモンを出しなさい」と命令することは前回お話させていただきました。

この脳から出るホルモン・・・実は「タンパク質」から出来ています。

そして、このエストロゲン(女性ホルモン)やゲスターゲン(黄体ホルモン)はなんとコレステロールから作られています。
コレステロールは大切なホルモンを作ってくれるのに、邪魔者あつかいされて、卵を食べるなとか、低下剤を飲めなんて言われてかわいそうですね!

タンパク質を口から摂るには卵やお肉が一番良いと言うことはこのブログで言ってきましたね101.png
だから、コレステロールを気にして卵やお肉を食べなかったり、お薬飲んでコレステロールを落としていたりするとホルモンが作れず妊娠できません。

ホルモンを脳から出すと言うことは、脳にエネルギーが無いと出せません。
脳のエネルギーは白いごはん・パン・うどんなどに含まれるブドウ糖」です!

最後にもう一度・・・
「ブドウ糖・タンパク質・ビタミン・ミネラル」これが妊活のスタートですよ!


妊婦さんには「葉酸」が良いと言われていますが、そのお話もまたいずれお話します。

くわしくは、治療の先生や総合体力研究所の勉強会に来てくださいね!





END

by sougoutairyoku | 2017-06-14 15:27 | ●女性のお悩み

妊活のしくみ

こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

今回のテーマは妊娠活動・略して「妊活」です!

妊活のしくみ_e0355864_16193092.png


現在不妊のカップルは10組に1組と言われているらしいですね。
かなか妊娠しない・妊娠しても流産・・こんな悲しい相談が総合体力研究所にも舞い込んできます134.png

一般的にはこうなるとまず「不妊治療」と考えがちですが、莫大な予算と母体への影響は計り知れません。

不妊治療としてまず上げられるのが、ホルモン治療です。

ホルモン治療ってなに?
一般的にはエストロゲン(女性ホルモン)やゲスターゲン(黄体ホルモン)と呼ばれる卵巣で出るホルモンを調整して、妊娠させてみようと言う療法です。

ではエストロゲンなどのお薬やサプリメントを飲んだりすればいいの?と言うわけではありません。

●性ホルモンの出るしくみ

先ほど出てきましたエストロゲン(女性ホルモン)やゲスターゲン(黄体ホルモン)と言うのは現場(卵巣)で出る最終的なホルモンです。

下の図を見てください。
妊活のしくみ_e0355864_18301068.png

①脳(視床下部)から「ホルモンを出しなさい」と命令
 ↓
②脳下垂体がそれを受けて卵巣へ「ホルモンを出しなさい」と命令。
 ↓
③卵巣がそれを受けてようやくエストロゲン(女性ホルモン)やゲスターゲン(黄体ホルモン)が出ます。

このエストロゲン(女性ホルモン)は子宮内膜の内側の部分に受精卵が着床できるベッドを用意します。
ゲスターゲン(黄体ホルモン)はそのベッドをフカフカにします。
そして、受精卵が着床するとこの黄体ホルモン・女性ホルモンは出産するまで出続けます。


脳は現場(卵巣)の状況だけを見て命令を出すのではありません。
お母さんの体全体を見て「あ~、こっちは酸素がたりてないぞ!こっちは体に熱が足りないぞ!」などいろいろな所を見ます。
そして、「よし!体全体が健康になったぞ!正しい遺伝子が次の世代に送れるぞ!」と脳が判断して初めてホルモンを出しなさいと言う命令が出ます。

だから、お薬やサプリメントでいきなり現場のホルモンを入れるとお母さんにも、赤ちゃんにも大きな影響が出てしまうのです。


次回、「妊活にはどのような栄養が必要?」についてお話します。

くわしくは、治療の先生や総合体力研究所の勉強会に来てくださいね!



END



by sougoutairyoku | 2017-06-07 16:23 | ●女性のお悩み