こんにちは
スタッフの餅です。

↓前回までの記事を読む↓



どの脂が良いですか?とよく聞かれます。

e0355864_16295266.png

①オメガ脂肪酸は脳が良くなる?

②バターかマーガリンどちらが良いですか?
トランス脂肪酸は良くない?


オメガとは脂肪酸の化学式の最後の炭素(C)から数えて何番目の炭素(C)に二重結合があるかということで名前が付けられています。

3番目がオメガ(ω)、又はn3系…は青魚に多く含まれるDHAEPAなどを指しています。
e0355864_16180893.png
6番目がオメガ(ω)、又はn6系…は肉や卵に多く含まれるアラキドン酸など(ARA…あるメーカーの表記)を指しています。
e0355864_17160328.png

EPA…エイコサペンタエン酸のこと

DHA…ドコサヘキサエン酸のこと

EPAやアラキドン酸って、身体の何の材料になっているの?

実は細胞膜の構成材料となります。

寒い氷点下の地域はEPAが適しています。
なぜなら…
寒いところは出血しても直ぐに固まり、ばい菌などの敵も少なく、戦う力は弱くっても良いので、軟らかい脂(EPA)が適し、その代り、コレステロールは暖かい地域の2~3倍ないと細胞膜がしっかりとしないようです

暖かい赤道近くの地域はアラキドン酸が適しています。
なぜなら…、暖かい地域は、ばい菌などの敵が多く、戦う力を強くして、出血してもすぐに固まらないと死んでしまうので、アラキドン酸を細胞膜に持つことで対応しています。

寒い地域に適したEPAを暖かい地域に持ってきたら、大変!007.gif
出血しても血は固まらないし、ばい菌と戦う力も非常に弱いです。
12秒以内に固まらないと死の危険が増大します!

又、EPAは、アラキドン酸より、活性酸素にやられやすい、焦げやすいので要注意です。

日本は四季があるので、寒い季節の時は、少しEPAも必要で、その他の季節はアラキドン酸が良いようです。

だから春、夏、秋、冬(旬の食べ物)で食べるものが変わるので、自然に摂れるようになっているのでしょうね。
少し旬が無くなってきていますが…。

EPAやアラキドン酸はある脂肪酸から合成できます。

072.gifアラキドン酸はリノール酸から合成
(コーン油、ひまわり油、ごま油に多い)

072.gifEPAはアルファーリノレン酸から合成
(エゴマ、アマ油、サラダ油に多い)

DHAはEPAから作られます
…過去にもDHAは頭が良くなると言われた時がありましたが…でも魚は頭が良いのかなぁ??

それぞれ合成の時にビタミンミネラルがないと作れません!

結論は、合成と食事からとれる!という事ですね!

②バターかマーガリンについて

バターは乳脂肪から作られているので固形になっています。

マーガリンは植物と動物油脂を原料とした練り込み専用の固形油脂で生産されます。植物性ショートニングマーガリンはシス型をトランス型にして合成・製造されます。

トランス型は良くないと言われていますが、なぜ良くないか!をたどっていけば、なんだ~コレステロールが高くなるとか。
コレステロールはアメリカでいくら高くっても良い(上限なし)と発表されているのに、おかしいですね!

結論は、美味しく…自分の好きなバターでも、マーガリンでも良いということですね。

e0355864_16432674.png

でもとりすぎないでくださいね!041.gif

さらに詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。
e0355864_12413112.png
END


by sougoutairyoku | 2017-02-22 15:17 | ●脂肪

カルニチンってなに?

こんにちは
スタッフの餅です。

↓前回の記事はこちら↓


カルニチンって何?025.gif

カルニチンは脂肪酸がガソリン工場に入る時に、必要なものです。

でも身体の中で作られます。

材料は、タンパク質ビタミンB3B6が必要です。

食品では赤いお肉に含まれています。
オーソADプラスにも入っています。

カルニチンが不足だと、慢性疲労症候群なりやすいという新聞記事もあります。

健康な人と比較したら、
女性は50%、
男性は60~70%に減少
Tリンパ球の中も減少して、免疫異常が認められた。
ビタミンCの大量投与で一定の効果をあげた…と書いてありました。

脂肪を一杯持っていても、カルニチンがないとエネルギーの工場に入れないですよ~。

工場に入ってもクエン酸回路がぐるぐる回ってガソリン(ATP)を作るには、又、ビタミン、ミネラルがないと作れません。

ビタミン、ミネラルで、正しく脂肪を消費しましょう!


e0355864_12413112.png
次回は脂肪の豆知識を。

更に詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

END


by sougoutairyoku | 2017-02-15 13:53 | ●脂肪

こんにちは
スタッフの餅です。

前回の脂肪の続きです…




脳はブドウ糖(白米、パン、麺類)がガソリンでしたね。ブドウ糖を食べないと、身体(タンパク質)が壊され、体重は落ちます。
糖尿病の末期に出てくるケトン体もでてきます。やばい!007.gif

脳以外は脂肪がガソリンでしたね。

その脂肪を正しく消費するためには?

①脂肪はじっとしていても100g、活動量の違いにより100gから200g必要です。

毎日100g以上の脂肪を、食事から摂ることは無理(お肉600g)なので、余ったブドウ糖と果物やデザートを、肝臓で脂肪に変えることで、脂肪の確保ができます。

②でも一日必要量以上の脂肪を貯めこまない事…果物、デザートは食べ過ぎないことでしたよね。

脂肪組織に貯められた中性脂肪は、せっかく集めた3本がバラバラにされ、1本の脂肪酸になって血中にほりだされます。

脂肪酸は界面活性剤(脂と水の両方の性質を持っている)です。
脂の部分は血管(内面は脂)とくっつき、水と仲の良い部分は血液の中を流れていくので、そのままだと血管をはぎ取ってしまいます。
恐い…008.gif

でも大丈夫です003.gif

脂肪酸は、必ず「アルブミン」というタンパク質に包まれて、運ばれていきます。

血中の脂肪、コレステロールはタンパク質に包まれているので、血管にくっつきません!


タンパク質は身体作りだけではなく、脂の運搬にも関係しているのでしっかり摂りましょう。

アルブミンに包まれた脂肪酸は、筋肉、軍隊などのガソリンになるために取り込まれました。

そしてエネルギーの工場(ミトコンドリア)に入ります。

あれ?入らない!ブドウ糖はす~っと入れたのになぜか入れません。

カルニチンがないと脂肪酸は工場に入れません。
e0355864_15024914.png

e0355864_14554731.png
e0355864_14532240.png



次回はカルニチンを017.gif


更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。


↓「脂肪」に関するオススメ記事↓


e0355864_12413112.png
END


by sougoutairyoku | 2017-02-08 15:29 | ●脂肪


こんにちは
スタッフの岡田です(^○^)056.gif


毎日寒いですね。大阪でも雪がちらついています。

こんな季節は、暖房も使うし、お肌もカサカサで、かゆ~くなりがち007.gif


そこで、おすすめしたいのがこちら072.gif

昨年6月の発売以来
リピーター続出のオーソ・ソープです。




でも…冬にせっけんで洗うと、肌がつっぱるのでは?015.gif

そんなイメージがある方にこそおすすめしたい!!

オーソソープとは!!

潤いたっぷり高保湿で、冬の乾燥も怖くない、低刺激だから赤ちゃんや敏感肌の方にも使える、こだわりの天然素材手作り石鹸、Made in JAPANなんです!!!!

魅力が多いので、つい熱くなってしまいました037.gif
順番に説明しますね。

①カサカサ乾燥肌に。
e0355864_13574067.png
素地のおよそ50%が保湿成分で出来ているので、冬の乾燥による「かゆみ」「カサカサ」「足の粉ふき肌」にお困りの方におすすめです。
お肌にとって必要な成分を保ち、洗った後もしっとりが続きます。

②赤ちゃんや敏感肌に。
e0355864_16140489.png
大切な皮脂を奪ってしまう「ラウリン酸」を使っていないので、赤ちゃんや敏感肌の方にも安心してお使いいただけます。
肌にトラブルのある時にも安心!

③デリケートゾーンにも。
e0355864_16192632.png
女性の気になる「ニオイ」や「かゆみ」に。生理中は、全身の皮膚が敏感です。低刺激なのでオーソソープ1つで、顔やデリケートゾーンなど全身を、やさしくすっきりと洗い上げます。

④こだわりの手作り製法。
e0355864_16170710.png

国産で天然素材にこだわった手作りせっけん。
釜でじっくり炊き上げた後、型にとり約60日間自然乾燥させ1つ1つ丁寧に磨く作業を繰り返して完成させた枠練せっけんです。


さらに、軽いメイクならオーソソープで落ちます010.gif
私の場合ですが、肌の乾燥とは無縁になりました。
クレンジング剤を使用しなくなったので、お財布にも優しいです049.gif004.gif

そして、オーソソープで優しく洗った後は、
オーソウォーターとオーソクリームのW使いで、保湿・保護

私の母も、オーソウォーターとオーソクリームを長年使っています。
それでも、冬は、職場の暖房がきつく、顔が乾燥して粉を吹くほどカサカサで痒みに悩まされていました002.gif

オーソソープを使い始めてから今年の冬は、
「乾燥しなくなった!粉吹かない!」と喜んでいます。

もちろん、皮膚は体の中からつくるので、栄養もしっかり摂っていますよ003.gif


高級な化粧品を塗る前に、「洗う」を見直してみませんか?

オーソソープなら、「洗う」「守る」「潤う」全部叶いますよ053.gif

詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_17481333.png
END


by sougoutairyoku | 2017-02-01 14:01 | ●オーソウォーター・クリーム・ソープ