C型肝炎が…!?


こんにちわ~♪
総合体力研究所、室垣です!

今回は、母の体験から学んだことをお伝えしたいと思います。

私の母は、昭和5年生まれ、現在85歳です。

母は、知らない間にC型肝炎にかかっていました。

そもそも、母がC型肝炎に罹っていることを知ったのは、
1993年、63歳の時、激しい腹痛と黄疸のため入院した時でした。

その時は、血液検査、尿検査、腹部エコーなど診断の結果、
C型肝炎、急性肝炎、急性膵炎ということで、入院することになりました。

そして、1998年の総合健診の結果で、

『貴方の血液検査の結果は、陰性でした。……次回からは、C型肝炎ウイルス抗体検査を受ける必要はありません。』
  ↑
こういうのが、○○県健康福祉センターから書面で届き、知ることとなりました。

もー、その時はうれしいやらビックリやらで、

『えー!!ほんとに?!うれしー』

って、ものすごく驚いたのを覚えています。

e0355864_14094106.png

その頃、
インターフェロンは副作用が多く、保険もきかないので高額でした。

今流行のC型肝炎の薬もありませんでした。

それが幸いしたのかもしれませんが…049.gif026.gif

とにかく、自分の免疫系を信じて応援するしかないと、栄養をいっぱい摂りました。

e0355864_14123418.jpg

次回は、いい結果が出るまでの5年間にどんな事があったのか、検査結果などとあわせてお伝えしたいと思います。

e0355864_14002525.png

END 


by sougoutairyoku | 2016-12-07 15:51 | ●正分子療法・体験談