コレステロールから何を作っているか?②



こんにちは スタッフの餅です!

前回のお話の続きです。

↓前回の記事を読む↓
コレステロールと脳のお話①

<コレステロールから何をつくってるか>

まずコレステロールは全ての細胞がつくりますが肝臓で特につくられています。
そして・・・その材料は脳のガソリンであるブドウ糖などからつくります!

コレステロールは
人間の基本である60~100兆の細胞膜の材料です。
各細胞の中で作られ、細胞膜をしっかりとする鉄筋の役目をしています。
コレステロールがなかったら、細胞は生まれ変わることができません!
壊れた細胞を元に修復できません!

女性ホルモン、男性ホルモンの材料になります。
コレステロールがなかったら、赤ちゃんはできません。
卵子も精子もつくられません。
もちろん生理もおこりません。

ビタミンDの材料に
ビタミンDは骨に欠かせないのはご存知ですよね。
コレステロールがなかったら骨が維持できません!

ストレスがかかった時に、対応するためのストレスホルモン、
副腎皮質ホルモンの材料になります。
コレステロールがなかったら、ストレスに勝つことはできません。

胆汁って聞いたことありませんか?
脂の吸収、脂性の毒物排出に関係している胆汁の材料になります。
コレステロールがなかったら、脂性ビタミンの吸収も、
お薬や農薬の排出もできません!


e0355864_15425483.png


コレステロールってすご~い

全て命に直結しているのですよ。
018.gif

次回は悪玉?善玉?コレステロールについてお話しします。



更に詳しく知りたい方は、治療の先生にお尋ねください。

e0355864_12413112.png

END



by sougoutairyoku | 2015-11-04 14:38 | ●コレステロール・血圧・動脈硬化