こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

前回の続き↓

昨年、スタッフの妹さんが職場の事故でプレスの機械に手がはさまりました!

通常なら、何tと力が上下から加わるので複雑骨折または二度と手が使えなくなります。

実際、すぐに救急車で運ばれ、お医者さんの診断によると

腕は、圧迫により虚血状態になり筋肉、神経組織がダメージを受け、

二度と元の様に腕は動かせませんと言われました。007.gif

病院食だけでは体を治すためのタンパク質が全然足りません。

タンパク質が足りなくてどうやって体を治すのでしょうか!

売店に行っては からあげ・ゆで卵・出し巻たまご(タンパク質)を買って食べていました。

元々、ビタミン・ミネラルのサプリメントをきっちり摂られていて、さらに筋肉、神経組織のダメージが相当ひどいと言うことでがっつり、プロテイン・ビタミンA、ビタミンC、ミネラルを強化!

驚異的な速さで回復されました!

二度と動かないと診断された手は、リハビリも受け、

その結果、今では片手で買い物の荷物は4袋。硬いビンのフタもなんのその。

スタッフが妹さんに両手で腕相撲を挑むも完敗。066.gif

e0355864_16193929.png

妹さんが無敵になったのは、きちんと中からブドウ糖・タンパク質・ビタミン・ミネラルの材料を入れたうえで、リハビリに真剣に取り組まれたからでしょうね。

最後に骨にはカルシウム!って思っていた皆さん。

カルシウムも大切ですが、それだけではなく骨をつくる為には、

プロテインやブドウ糖・ビタミンA、ビタミンC、ミネラルはぜったいに必要です!

骨を強化するにはこれらの材料を入れたうえで、骨に圧力をかけることが大事です!

骨とともに重要な腱や靭帯と言うのは引っ張られて強くなります。

軟骨はスポンジをイメージしてください。

スポンジ(軟骨)は水(関節液)の上にそっと置いても水は入りませんよね。

でも、お水に沈めてから手でぎゅっと握るとお水がスポンジに入ってきますよね。

軟骨は血管がありません。そのため関節液から栄養を補充し、また汚いものを排出します。

硬い硬骨も重力がかかって強くなります。

そこで、人間は「歩く」と言うことにより自然に屈伸運動をして、栄養をとりこんでいます。

骨が折れない体づくりの為にも、そしてもし折れてしまったとしても

栄養があれば、きちんと人間は作り変えることができます。

ぜひ、普段から骨に栄養をあげましょう003.gif

更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_18012713.png
END


by sougoutairyoku | 2016-11-30 16:20 | ●骨

骨にはタンパク質!?

こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

前回、スタッフの上杉が載せていた骨粗鬆症の記事↓

骨は体を支えるだけでなく、内臓を守ったり、カルシウムなどのミネラルをため込んだりもしています。
(詳しくはリンクへ)
骨粗鬆症にはなりたくない!そこで・・・

丈夫な骨づくりの為に必要なものって何だろう!?

「カルシウム~!!」っと答える方が多いのでないでしょうか。

私も恥ずかしながらそんな風に思っていた一人でした008.gif

小魚食べたり、牛乳のんだりしてたらOK!って思っている人も多いのでは・・・

もちろん、カルシウムも大切です。

そんな大切な骨、ずっと古いままでは、その役割は、はたせません。

「皮膚と同様に、骨も、毎日毎日生まれ変わっています。」
↑って骨粗鬆症の記事にも書いてましたよね。

毎日、骨を作り変えるためには、カルシウムだけでは不充分で、きちんとつくりかえるには栄養が必要です。

骨と言えば皆さんは硬くて白くてカルシウムみたいなのが、ガチっと固まっているものを想像するんじゃないでしょうか。

「骨はカルシウムだけで出来ているんじゃない!」

ここポイントです034.gif

骨(硬骨)って実は10%の「水」と25%の「柔らくて強い土台」で出来ています。

残りの65%は土台の周りを硬い表面で覆っているって知っていますか?

(イメージ図)

e0355864_17140924.png

072.gif表面(緻密骨:皮質骨)は各種ミネラル(カルシウムとリン酸など)で覆っています。

中には少量ですが、ナトリウムやマグネシウムなども必要で、

減塩などしているとナトリウムを取り出す為に骨を溶かします。

ナトリウムやカルシウムが足りないと、脳の神経や筋肉も動かなくなります!

072.gif土台(海綿骨)はコラーゲン、プロテオグリカンが主成分です。

ん??プロテオグリカン?なんか難しい言葉がでてきたぞ013.gif

プロテオ(タンパク質の)グリカン(多糖類)と言う意味で

タンパク質とムコ多糖体=つまり粘液の事です。

簡単にぶっちゃけると、ブドウ糖(白いごはん・パンなど)とタンパク質(卵・お肉など)などが材料となります!

コラーゲンは繊維なので引っ張られることには強いのですが、押しには弱い!

そこでこの糖の粘液が一緒になることで押しにも強い土台が出来て、体のいろいろな動きに対応してくれます。

特に皆さんおなじみのコラーゲン!これも実はタンパク質なんです!

「硬骨の材料はコラーゲンなのね!コラーゲンサプリ摂ろう!肌もプルプルになるし♪」

ちょっと待って~!!

体にはコラーゲンでは入りません!


なぜなら、コラーゲンは先ほどタンパク質だと言いましたよね!

タンパク質と言うのはアミノ酸がたくさんくっついた鎖のような形をしています。

しかし、体内に取り込むためには、鎖をハサミで切って1つのアミノ酸にしないと入りません!

だから、いくらコラーゲンをとっても人間は1つのアミノ酸の形に分解するので、

そのままコラーゲンとしては体に入らないのです!

(ここの話はややこしいので、いずれ詳しくブログで書きますね)

しかも、体を形成する9種類の必須アミノ酸の内、コラーゲンにはリジンの1種類しか入っていません。

これでは、上質なタンパク質とは言えません。

(プロテオグリカンも同じで、糖とアミノ酸にしないと取り込めません)

体内にコラーゲンの形では入らないのに高いお金を払って摂るなんてどうなんでしょうか。

たまご1個食べている方が必須のアミノ酸9種類がすべて揃っているのでよっぽど良いですよね037.gif

たんぱく質とブドウ糖をしっかりとることが基本ですが、

コラーゲンをつくるにはビタミンA、ビタミンC、ミネラル。

粘液(プロテオグリカン)をつくるにはビタミンA、ミネラルが必要です。

そして、硬骨の表面をつくるには、ミネラルが必要なんです。

これらのビタミン・ミネラルがひとつでも足りないと骨はできないし、溶かしてしまいます!

これらのすべてが入っているのがオーソ21ですが、

オーソAD+またはオーソADcオーソCオーソ7ミネラルで更に強化できます。

次回のお話は「実体験!大怪我が栄養療法で○○○!?」

更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。
e0355864_18012713.png

END


by sougoutairyoku | 2016-11-22 11:35 | ●骨


皆さんこんにちは。
スタッフの上杉です。

寒い日が続きますね。
体調壊していませんか?

最近よく、歯医者さんで治療を断られることがあるそうなんです!!

骨粗鬆症薬(ビスホスフォネート)を服用されている方で、あごの骨が壊死するなどの副作用がみられるからだそうです。
怖いですね007.gif

骨を強くするはずの、骨粗鬆症薬で、骨が丈夫にならずに壊死し、歯の治療を断られるなんて不思議だと思いませんか?

私は不思議でなりません???
e0355864_14542076.png
ちょっと調べてみましたら、前回お話しした、古くなった骨を取り除く破骨細胞の働きを阻害するものらしいです033.gif

ということは、古い骨がそのままなので、新しい骨が作れない…

結果、あごの骨の壊死が増える例が多く見られたらしいです。

歯の治療を受けたい時に、受けられないなんて辛いですよね。

最近よく、歯医者さんに張り紙があるそうなのですよ。

e0355864_14453036.png
更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。
e0355864_15033802.png
END


by sougoutairyoku | 2016-11-16 16:13 | ●骨

骨粗鬆症って何?


皆さんこんにちは。
スタッフの上杉です。
11月になり、寒くなりましたね043.gif

今回は、最近よく耳にする「骨粗鬆症」について書いてみたいと思います。

高齢化の進んだ日本では、もはや国民病??

骨粗鬆症になる人の割合は、年齢が高くなるほど上がり、50歳以上の女性の3人に1人が骨粗鬆症とか?

更年期以降の多くの女性にとって、骨粗鬆症はとても身近な病気なんでしょうか??

骨の強度が低下して、骨折するリスクが大きくなる病気を骨粗鬆症(こつそしょう症)と言います。
骨粗鬆症になると、骨の中がスカスカになってもろくなり、ちょっとしたことで骨折しやすくなると言われています007.gif

e0355864_15365298.png

あなたもクリニックで、骨粗鬆症かも?と、骨密度を計った経験はありませんか?

骨密度=骨塩量÷面積(単位g/cm²)は、計る場所によって値が変わるって、知っていますか?(肘・かかと)


骨の出来る仕組みを、簡単に説明したいと思います034.gif

皮膚と同様に、骨も、毎日毎日生まれ変わっています。

e0355864_16493768.png

骨を家に例えるなら、古くなった家は建て替えますよね?
古くなった家は壊して、更地にし、新しい家を建てる。
骨も古くなった骨は、骨芽細胞の命令「古くなったから、取り除いてね」を受け、破骨細胞が働き、更地にし、新しい骨をつくります。

e0355864_15500175.png

なんとなくイメージできましたか?

年をとると、骨は丈夫にならない。作らない!!と思っているあなた!
骨を作るための正しい材料があれば、人間は何歳になっても、骨を作り替えられるんです!!016.gif

更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生までお尋ねください。
e0355864_15033802.png
END


by sougoutairyoku | 2016-11-09 15:02 | ●骨