こんにちは
スタッフの餅です。

↓前回までの記事を読む↓



どの脂が良いですか?とよく聞かれます。

e0355864_16295266.png

①オメガ脂肪酸は脳が良くなる?

②バターかマーガリンどちらが良いですか?
トランス脂肪酸は良くない?


オメガとは脂肪酸の化学式の最後の炭素(C)から数えて何番目の炭素(C)に二重結合があるかということで名前が付けられています。

3番目がオメガ(ω)、又はn3系…は青魚に多く含まれるDHAEPAなどを指しています。
e0355864_16180893.png
6番目がオメガ(ω)、又はn6系…は肉や卵に多く含まれるアラキドン酸など(ARA…あるメーカーの表記)を指しています。
e0355864_17160328.png

EPA…エイコサペンタエン酸のこと

DHA…ドコサヘキサエン酸のこと

EPAやアラキドン酸って、身体の何の材料になっているの?

実は細胞膜の構成材料となります。

寒い氷点下の地域はEPAが適しています。
なぜなら…
寒いところは出血しても直ぐに固まり、ばい菌などの敵も少なく、戦う力は弱くっても良いので、軟らかい脂(EPA)が適し、その代り、コレステロールは暖かい地域の2~3倍ないと細胞膜がしっかりとしないようです

暖かい赤道近くの地域はアラキドン酸が適しています。
なぜなら…、暖かい地域は、ばい菌などの敵が多く、戦う力を強くして、出血してもすぐに固まらないと死んでしまうので、アラキドン酸を細胞膜に持つことで対応しています。

寒い地域に適したEPAを暖かい地域に持ってきたら、大変!007.gif
出血しても血は固まらないし、ばい菌と戦う力も非常に弱いです。
12秒以内に固まらないと死の危険が増大します!

又、EPAは、アラキドン酸より、活性酸素にやられやすい、焦げやすいので要注意です。

日本は四季があるので、寒い季節の時は、少しEPAも必要で、その他の季節はアラキドン酸が良いようです。

だから春、夏、秋、冬(旬の食べ物)で食べるものが変わるので、自然に摂れるようになっているのでしょうね。
少し旬が無くなってきていますが…。

EPAやアラキドン酸はある脂肪酸から合成できます。

072.gifアラキドン酸はリノール酸から合成
(コーン油、ひまわり油、ごま油に多い)

072.gifEPAはアルファーリノレン酸から合成
(エゴマ、アマ油、サラダ油に多い)

DHAはEPAから作られます
…過去にもDHAは頭が良くなると言われた時がありましたが…でも魚は頭が良いのかなぁ??

それぞれ合成の時にビタミンミネラルがないと作れません!

結論は、合成と食事からとれる!という事ですね!

②バターかマーガリンについて

バターは乳脂肪から作られているので固形になっています。

マーガリンは植物と動物油脂を原料とした練り込み専用の固形油脂で生産されます。植物性ショートニングマーガリンはシス型をトランス型にして合成・製造されます。

トランス型は良くないと言われていますが、なぜ良くないか!をたどっていけば、なんだ~コレステロールが高くなるとか。
コレステロールはアメリカでいくら高くっても良い(上限なし)と発表されているのに、おかしいですね!

結論は、美味しく…自分の好きなバターでも、マーガリンでも良いということですね。

e0355864_16432674.png

でもとりすぎないでくださいね!041.gif

さらに詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。
e0355864_12413112.png
END


by sougoutairyoku | 2017-02-22 15:17 | ●脂肪

カルニチンってなに?

こんにちは
スタッフの餅です。

↓前回の記事はこちら↓


カルニチンって何?025.gif

カルニチンは脂肪酸がガソリン工場に入る時に、必要なものです。

でも身体の中で作られます。

材料は、タンパク質ビタミンB3B6が必要です。

食品では赤いお肉に含まれています。
オーソADプラスにも入っています。

こんな新聞情報があります。


e0355864_16002693.png



カルニチンが不足だと、慢性疲労症候群ですって。

健康な人と比較したら、
女性は50%、
男性は60~70%に減少
Tリンパ球の中も減少して、免疫異常が認められた。
ビタミンCの大量投与で一定の効果をあげた…と書いてありました。

脂肪を一杯持っていても、カルニチンがないとエネルギーの工場に入れないですよ~。

工場に入ってもクエン酸回路がぐるぐる回ってガソリン(ATP)を作るには、又、ビタミン、ミネラルがないと作れません。

ビタミン、ミネラルで、正しく脂肪を消費しましょう!
e0355864_16391441.png

次回は脂肪の豆知識を。

更に詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

END


by sougoutairyoku | 2017-02-15 13:53 | ●脂肪

こんにちは
スタッフの餅です。

前回の脂肪の続きです…




脳はブドウ糖(白米、パン、麺類)がガソリンでしたね。ブドウ糖を食べないと、身体(タンパク質)が壊され、体重は落ちます。
糖尿病の末期に出てくるケトン体もでてきます。やばい!007.gif

脳以外は脂肪がガソリンでしたね。

その脂肪を正しく消費するためには?

①脂肪はじっとしていても100g、活動量の違いにより100gから200g必要です。

毎日100g以上の脂肪を、食事から摂ることは無理(お肉600g)なので、余ったブドウ糖と果物やデザートを、肝臓で脂肪に変えることで、脂肪の確保ができます。

②でも一日必要量以上の脂肪を貯めこまない事…果物、デザートは食べ過ぎないことでしたよね。

脂肪組織に貯められた中性脂肪は、せっかく集めた3本がバラバラにされ、1本の脂肪酸になって血中にほりだされます。

脂肪酸は界面活性剤(脂と水の両方の性質を持っている)です。
脂の部分は血管(内面は脂)とくっつき、水と仲の良い部分は血液の中を流れていくので、そのままだと血管をはぎ取ってしまいます。
恐い…008.gif

でも大丈夫です003.gif

脂肪酸は、必ず「アルブミン」というタンパク質に包まれて、運ばれていきます。

血中の脂肪、コレステロールはタンパク質に包まれているので、血管にくっつきません!


タンパク質は身体作りだけではなく、脂の運搬にも関係しているのでしっかり摂りましょう。

アルブミンに包まれた脂肪酸は、筋肉、軍隊などのガソリンになるために取り込まれました。

そしてエネルギーの工場(ミトコンドリア)に入ります。

あれ?入らない!ブドウ糖はす~っと入れたのになぜか入れません。

カルニチンがないと脂肪酸は工場に入れません。
e0355864_15024914.png

e0355864_14554731.png
e0355864_14532240.png



次回はカルニチンを017.gif


更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。


↓「脂肪」に関するオススメ記事↓


e0355864_12413112.png
END


by sougoutairyoku | 2017-02-08 15:29 | ●脂肪


こんにちはスタッフの餅です。

↓前回までの記事を読む↓
脂肪を食べたら太る?
肥満の大敵は砂糖より果糖!
ダイエットは食事療法です!


どのように脂肪酸が作られるのでしょうか?

ブドウ糖は細胞の中へ入ると、細胞質で分解され(解糖と言います)、あるもの(ピルビン酸)が作られます。

あるものが、エネルギーを作るガソリン工場(ミトコンドリア)に入ります。

それがお酢の中の酢酸(以下お酢で表現します)にCoA(補酵素)をくっつけたもの(=アセチルCoA)に変化、工場の中にクエン酸回路があり、ぐるぐる回り、ATPというガソリンが出来ます066.gif

ATPこそが、脂肪や、ブドウ糖から作られるガソリンの本体です。
もちろん、酸素、ビタミン、ミネラルがどれひとつ欠けても、ATPは作れません…

でも使わないのに、ブドウ糖が余ってくると、これ以上いらないということで、クエン酸がガソリン工場(ミトコンドリア)から外へ(細胞質)へ出されます。

そのクエン酸を お酢(アセチルCoA)に変えて、脂肪酸(中性脂肪)が合成されます。

e0355864_14223961.jpg


果糖やガラクトースは、すぐに処理しないと危険なので(脳が使わないのに、ブドウ糖よりもタンパク質にくっつく)、ガソリン工場から外に出され、お酢(アセチルCoA)から脂肪酸(中性脂肪)の合成へといきます。

アルコールも分解されて、お酢(アセチルCoA)になり、エネルギーとして使われたり、余れば脂肪酸(中性脂肪)に合成されます。

脂肪酸(中性脂肪)は組織に貯められているだけで、糖みたいにタンパク質にぺたぺたくっつきません。
だから体重615kgでも生きられるんですね~なるほど005.gif

脂肪酸(中性脂肪)は、血液の中では、タンパク質に包まれており、血管にはくっつきません。
でもタンパク質が欠乏すると、肝臓に貯まります(脂肪肝)007.gif
タンパク質はしっかりと摂りましょう。

お酢がいっぱい出てきましたね。
実はお酢から脂肪酸(中性脂肪)を作るのです!
短い脂肪酸の代表が酢酸お酢に含まれています!→CH₃COOH

お酢は健康に良いが、脂肪(脂肪酸)は良くないと言わないでくださいね!

1個のお酢アセチルCoAがスタートで、酵素が働き(ビタミン・ミネラルが必要
1個、2個……7個とお酢(アセチルCoA)をくっつけると長い脂肪酸(パルミチン酸)が出来上がります。


e0355864_15323791.png


出来上がった長い脂肪酸を、グリセリン(ブドウ糖がないと作れません)
に3つくっつけたのが中性脂肪です034.gif
e0355864_15332276.png

さあ、その作られた脂肪酸(中性脂肪)どのようにして使うのでしょうか?

それはまた今度に037.gif


更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。
e0355864_12413112.png

END


by sougoutairyoku | 2016-10-05 14:36 | ●脂肪


こんにちは
スタッフの餅です。

↓前回までの記事を読む↓
脂肪を食べたら太る?
肥満の大敵は砂糖より果糖!


ダイエットとは体重ではなく、食事療法のことをいいます034.gif

世間では、体重を落とすことが、ダイエットとして言われていますが…
e0355864_14012058.png
脳のブドウ糖120g(1日の必要量)をカットしたら、身体のタンパク質が300g壊され、体重は1日で1.2kg落ちます。
(タンパク質からブドウ糖をつくります=糖新生)

参考
「糖質制限ダイエット知らないと失敗する
②「
糖質制限ダイエット」成功するには


タンパク質壊したくないですよね。

「1週間で簡単に6~7kg落ちました!」
の宣伝は全て自分の身体を壊しているのですね!
恐ろしい!骨や筋肉がガタガタに007.gif

脂肪は1kg落とそうと思ったら、9000キロカロリーなので、それを消費するためには、フルマラソン2回に相当するようようです。無理~020.gif

脂肪は動かないと落ちません!!

e0355864_16355086.png

余分な物(ブドウ糖以外の糖)を控え、足らない物は上げる。
血管、筋肉は強くする。余分な脂肪は作らせない。
これが本当のダイエットです!


いっぱい食べても太る方、太らない方、食べる中味に問題があるようです。
脂肪はいくら食べても太りません。
胸悪くなり、下痢します。試してみてください。

e0355864_12413112.png
更に詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

END


by sougoutairyoku | 2016-09-28 11:22 | ●脂肪


こんにちは
スタッフの餅です。

↓前回の記事を読む↓
脂肪を食べたら太る?

脂肪、脂肪と言っても、実は色んな種類があるのを知っていますか?034.gif

脂肪の種類の代表
●コレステロール
参考:コレステロールの過去の記事
●リン脂質
細胞膜の構成材料に。細胞が傷ついた時の連絡の言葉を作ります。
中性脂肪
私たちが、一番気にしている、太っているとかの話です。
血中では中性脂肪、皮下では皮下脂肪、内臓脂肪もあります。

中性脂肪こそが、身体のガソリンになり、体温を保ったり、内臓を衝撃から守ってくれる(身体のクッションの役目)生きるために必要なものの1つです。

また、リン脂質(細胞膜)の材料にもなります。

少ないと生きていけない、多すぎると困る??
一体どうすればいいの…039.gif??

072.gifここ大事072.gif
脳のガソリンのブドウ糖は生きていくためには必要だけれども、多いと身体の大事なタンパク質にくっついてしまうので、必死に余ったブドウ糖を肝臓で、グリコーゲンに貯えたり脂肪酸(中性脂肪)やコレステロールにかえたりして、対応しています。

ブドウ糖は、脳がまず使い、残りを肝臓や筋肉で蓄え、余ったら脂肪酸(中性脂肪)へ
ブドウ糖は大切です。

じゃあブドウ糖以外の糖は?

果糖(果物に含まれている糖)
●砂糖(ブドウ糖+果糖
●乳糖(ブドウ糖+ガラクトース
…牛乳、ヨーグルト

果糖、ガラクトースは脳が利用できない、しかもブドウ糖よりも危険なので、肝臓で速やかにほとんど脂肪酸(中性脂肪)やコレステロールに変えています。

ブドウ糖以外の糖は、ほとんど脂肪酸(中性脂肪)へ直行!!

答え出ましたよ!017.gif
e0355864_14163938.png
えっ?果物?デザート??
ブドウ糖以外の糖が、このぷよぷよ脂肪の犯人…!!

こんな新聞記事もあります。

e0355864_16312875.png

ショック!!007.gif


そういえば、肉食動物スリム!
草食動物太っている!
タヒチやハワイの人(美味しいフルーツいっぱい)
なるほど。
e0355864_12413112.png
更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。
END


by sougoutairyoku | 2016-09-21 14:11 | ●脂肪

脂肪を食べたら太る?


こんにちは
スタッフの餅です。

人間はどんなに脂肪を貯めこむことができるのか?
ギネスに体重615kgとありました。すごい!!005.gif

筋肉や骨は私たちと一緒だと思うので、後は全部脂肪!!
脂肪ってこんなに貯めこんでも生きることができるのですね~!

脂肪は良くない!
脂肪がいっぱいの肉を控えなきゃ~。
脂肪は太る!
と思っている世間のほとんどの方に……
e0355864_16095701.png
基礎代謝量って聞いたことありますよね?

寝ている間も呼吸を繰り返し、心臓は休まず働き、腸は蠕動運動を…
じっとしていても生命を維持するためのエネルギーを基礎代謝量と言います。

脳はブドウ糖がガソリンなので、1時間に5g必要です。
5g×24時間=120g
1gは4キロカロリーなので、
4×120=480キロカロリー

ブドウ糖は脳が生きるためになくてはならないけれど、血糖値が高かったり、ヘモグロビンA1c(酸素を運搬するヘモグロビンにブドウ糖がくっついている)が少しでも高いと、ワーワー大変042.gif!!!と大騒ぎ。

実際、足が壊疽からの切断、目の網膜が破壊されたり、腎臓がダメになり透析になったりと…体をむしばんでいきます008.gif

心臓、肺、皮膚、筋肉は脂肪がガソリンで100g必要です。

脂肪1gは9キロカロリーなので、
9×100=900キロカロリー

480+900=1380キロカロリー
これが基礎代謝量として必要なエネルギーになります。

それを食事から摂るのですが…

ブドウ糖は白いご飯お茶碗に1杯(40g)×3食=120gで摂れます。

e0355864_16122397.png
e0355864_16102768.png
脂肪を100g摂るためには
お肉100gは水分が60~70%、残りにタンパク質15%、脂肪が15%と言われています。
計算しますよ。
お肉100g中に脂肪が15g入っています。

脂肪100gを摂るには、
なんと!お肉600gが必要になります。


e0355864_10574918.png
…無理~!!!007.gif


活発に動く人は2400キロカロリー必要と言われています。
ブドウ糖は、どんな人も必要量は一緒で480キロカロリー。
残り約2000キロカロリーは、
脂肪を200g=お肉1.2kgに相当します。
…もっと無理~!!

脂肪は犯人ではない!!

じゃあ、このぷよぷよ脂肪は…一体何から作られるのだろう??
e0355864_16114915.png
次回から少しずつ解いていきます034.gif

e0355864_12413112.png
更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。

END


by sougoutairyoku | 2016-09-14 11:01 | ●脂肪