こんにちは
スタッフの岡田です(^○^)178.png

毎日暑いですね!これからの季節、熱中症が心配な方も多いのでは?
e0355864_17454449.png
「大丈夫!水分と塩分を摂ると良いってテレビで見たよ~104.png

そう思った皆さん!本当はそれだけじゃないんです!
実は、熱中症って「栄養不足」から起こるんですよ。

●熱中症ってなに?
高温多湿の環境にいることで起こる体の不調の総称です。
熱痙攣・熱失神・熱疲労・熱射病(日射病)などがあります。

人間は、汗をかいて、蒸発するときに熱を奪うことで、体温をコントロールしています。
では、汗をかいている時の体の中はどうなっているのでしょうか?
きちんと栄養を摂っている人の血液の中は、正しい水分の量があって、人間が生きていくのに必要な、ブドウ糖・たんぱく質・ビタミン・ミネラルが流れています。
汗をかくと水分だけではなく、栄養も漏れ出しているんですよ。

e0355864_16090030.png

血液と血管のまわりの土台、そこに住んでいる細胞は、全部同じ濃さになるように、浸透圧によってコントロールされています。
簡単にいうと「浸透圧=同じ濃さになろうとする力」のことです。
水分は薄い方から濃い方へ、物質は濃い方から薄い方へ移動します。同じ濃さになると移動は止まります。梅干しも、濃い塩漬けにすることで中の水分が外に移動していますよね。

人間の体の中でも同じことが起こっています。

汗をたくさんかいているときに…
水分が足りないと
●血液の水分が抜けて中身がドロドロに濃くなる
●血管のまわりの細胞たちから水を吸い上げて、血液が濃くなりすぎないように調節する
●この時に、水を奪われた血管のまわりの細胞たちは、カラカラに乾いて縮んで死んでしまう

水分を摂りすぎると

●血管にたくさん水が入ってきて、血液が薄くなってしまう
●血管のまわりの細胞たちが血液の水を引き上げて、血液が薄くなりすぎないように調節する
●すると、血管のまわりの細胞たちが水を吸ってパンパンに膨らんで、むくみが出たり、ひどい場合爆発して死んでしまう


「水分補給しないといけないのに、水分を摂りすぎるのもダメなの!?難しいわ!143.png

そうなんです!正しい水分補給をしないと、逆に熱中症になってしまうこともあります。

正しい水分補給とは?
その答えは次週お話しますね。熱中症予防のスペシャルドリンクのレシピも大公開!お楽しみに113.png

更に詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねになるか、総合体力研究所の勉強会へお越しください。

END


by sougoutairyoku | 2017-07-12 16:37 | ●体の仕組み・栄養素の働き


こんにちは、スタッフの上杉です012.gif

今日は前回の続きです。
人間の体は、生きていくために不可欠な50種類のものからつくられているとお話ししましたね。

50種類のうち。。。
酸素はまわりにたくさんありますよね?
水分も大丈夫でしょうか?

あなたは、朝 昼 晩 きちんと食事していますか??
きちんとバランスよく食事されている方でも、

50種類のうち、3度の食事で、過剰になるもの、十分摂れるもの、必要量の確保が難しいものがあります034.gif

頑張っても、3度の食事では必要量の確保が難しいビタミン・ミネラルが、実は21種類あるのです!!

例えば、
塩=Naclは、通常の食事で、過剰なくらい摂れるため、体に必要な50種類の2つではありますが、食事以上に、摂る必要はありません。

鉄=Feは、通常の食事では不足しがちで、ほうれん草だけから必要量を確保しようとすれば、約2キロ食べないと難しいのです。

あなたは、お風呂場いっぱいの海藻や、大量の野菜を毎日食べられますか?

ちょっと無理ですよね?007.gif
だから私はサプリメントをうまく利用しています060.gif


e0355864_16235103.png



私のいうサプリメントの定義

① 3度の食事できちんと食べても、必要量の確保が難しいもの
② それがないと生命に影響を与えるもの
③ 自分自身でつくることができないもの


私のおすすめするオーソ21なら手軽に必要な栄養素の量を確保することができるのです。



さらに詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_15033802.png
END

by sougoutairyoku | 2016-06-08 11:25 | ●体の仕組み・栄養素の働き


こんにちは スタッフの上杉です003.gif

今日は前回の続き
体にいい食べ物って??
豚肉を食べたら、豚に?
人間が人間になるためのもの!

人間をつくっている50種類についてお話しますね003.gif

・24種類の必須元素

・13種類の命の物質

・酸素

・水

・9種類の必須アミノ酸

・ブドウ糖

・必須脂肪酸

合わせて50種類になります060.gif

e0355864_16164960.gif

e0355864_16171304.gif




人間の身体の、96.25%が

水(H²O)

たんぱく質(CHONS)

糖(CHO)

脂肪(CHO)
からできています。


ちょっと難しいかもしれませんが、私たちは、分子、原子という

非常に小さいものにまで消化して人間の遺伝子(設計図)に基づき、

髪の毛は髪の毛、爪は爪、皮膚は皮膚というように毎日毎日、つくり続けているのです。

それくらい、小さいものにならないと、小腸から吸収されないのです。


なので、「これを食べたら身体にいい!」というフレーズを聞くと、

ついつい・・・

「その食べ物の中のどの成分が、どこの働きに良いのですか?」と聞きたくなってしまいます030.gif


つまり、「トマトがいい!」やら「ブルーベリーがいい!」と漠然とした良いというのは、間違いではないかもしれませんが、

「淀川にコーヒーをいれたら、全部コーヒーになるよ!063.gif

e0355864_16030205.png



と言うような大きな話に、私は聞こえます!

次回はもっとも大切な21種類のものについてお話したいと思います!

e0355864_15033802.png

END

by sougoutairyoku | 2016-06-01 15:04 | ●体の仕組み・栄養素の働き

こんにちは
スタッフの上杉です!

前回は、豚肉・野菜・果物・コラーゲンなど…

どんなものを食べても、人間は人間になる。と当たり前の話をしました012.gif

では、

健康で元気になれるための食べ物って、何でしょうか?

言いかえれば、人間に必要な食べ物って、何だと思いますか?

それをとらないと死んでしまう032.gif

そんな大切なものがいくつかあります。

何だかわかりますか?


これ以上小さくできない単位分子レベルの話をしていきたいと 思います!

まず、
水「H₂O」

人間の60%ちかくは水分でできています。

e0355864_14135138.png



そして
人間は、50種類の分子・原子から構成されています018.gif

人間が人間になるためのものです。

それをとらないと、生命の危機になる!!007.gif


次回は、その話をしていきます060.gif

e0355864_15033802.png
END


by sougoutairyoku | 2016-05-25 14:14 | ●体の仕組み・栄養素の働き

豚肉を食べたら、豚に?

こんにちは
スタッフの上杉です!

今日は皆さんに
「体にいい食べ物って?」
基本的な考え方をお話ししますね。

人間は 人間になるための「遺伝子」があります。
人間をつくるための「設計図」のようなものですね。

同じ人間でも 元気な人もいれば、体の弱い人もいる。

同じ食べ物を 食べても 元気になる人もいれば、体調を崩す人もいますよね?

分かりやすく言えば、ユッケを食べて 元気になる人もいれば、死亡する人もいるということです…007.gif

人間の生体個体差は、約20倍だと言われています!!

テレビやCMで
お肌ぷるぷる コラーゲンがいい012.gif053.gif と聞くと
☆ぷるぷるゼリーのような☆
なんとなく ぷるぷるお肌になるイメージが湧きますよね?

コラーゲンを食べて、ほっぺが ぷるぷる~になるなら、豚肉を食べたら 体の一部が 豚になる??
なんてことになるかもしれません。

e0355864_11300491.png

豚肉を食べても、私たちは 豚にはなりませんよね?
そんなの 当たり前じゃない017.gif!!
ですよね?

それは
人間は 人間になるための「遺伝子」を持っているからです。
次回は もう少し 詳しく説明していきますね060.gif


さらに、詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。
e0355864_15033802.png
END


by sougoutairyoku | 2016-05-18 13:08 | ●体の仕組み・栄養素の働き

体にいい食べ物って??


こんにちは
スタッフの上杉です010.gif

今回は、世間一般で言われている
「体にいい食べ物」についてお話ししたいと思います。


テレビの健康番組で

「ブルーベリーが目に良い!」

「トマトのリコペンが体にいい!」やら

「ピーナッツがいい」「きな粉がいい」etc…

翌日のスーパーに行けば、売り切れなんてこともありますよね?

e0355864_14544641.png

いったい
何を食べたら体にいいのだろう?
本当にいいの?

と、皆さんの疑問についてお話していこうと思います!

e0355864_15033802.png
END

by sougoutairyoku | 2016-05-11 14:22 | ●体の仕組み・栄養素の働き

こんにちは
スタッフの岡田です(^O^)056.gif

前回、カルシウムについてお話しました。
↓前回の記事を読む↓
カルシウムの働き知ってますか?

今日は、カルシウムと一緒に働く相棒マグネシウムについてお話します。
カルシウムは良く聞くけど、マグネシウムって…ちょっと脇役?あんまり知らない~025.gif
そんな皆さんへ

脇役なんてとんでもない!
マグネシウムはカルシウムと切っても切れない関係、とっても働き者の必須のミネラルなんですよ。


マグネシウムって?
人間の全ての細胞や骨。体全身に存在しています。
体の中で300種類以上の酵素に含まれ、その働きを助けています。

072.gifたんぱく質の代謝
072.gif体温の調整
072.gif神経の伝達
072.gif糖や脂肪からエネルギーをつくるところでたくさん使われる

マグネシウムが不足すると?
エネルギーがきちんと作れなくなるので、疲れやすくなったり、
筋肉が正しく動かなくなって、けいれんを起こしたりします。
心臓の筋肉や血管が正しく動けなくなります。
神経の興奮が抑えられなくなると、ストレス(落ち込み・イライラなど)を感じます。

e0355864_15362694.png

そして、血液中のマグネシウムが足りなくなると、カルシウムの時と同じように骨を溶かして取り出します。

e0355864_17421377.png

つまり!
カルシウムとマグネシウムのどちらが足りなくても骨を溶かしてしまうんです!
このまま、骨を溶かし続けると、骨がスカスカの「骨そしょう症」になってしまいます。
e0355864_15214821.png
骨そしょう症だけではありません。

骨を溶かしすぎると、カルシウム・マグネシウムは、あるものを作ってしまいます007.gif
何かわかりますか?実は…

結石です!

「カルシウム摂りすぎたら、結石が出来るよ!!」
なんて聞いたことありませんか?

それ、誤解です。

カルシウム・マグネシウムが足りないと、骨を溶かし続けて結石の原因になります。

骨を溶かして取り出さなくてもいいように、
毎日きちんとカルシウムとマグネシウムを良いバランスで摂ることが大切です012.gif

このベストバランスとは…

e0355864_16283306.jpg




カルシウム2:マグネシウム1

食事だけでは、この2:1のバランスで摂ることは、とっても難しいので、サプリメントでとることが必要になってきます072.gif

全身の健康のために働く「カルシウム&マグネシウム」
e0355864_16384406.png
マグネシウムリッチ 120粒



更に詳しくお知りになりたい方は、治療の先生にお尋ねください。


e0355864_17481333.png
END


by sougoutairyoku | 2015-10-22 11:33 | ●体の仕組み・栄養素の働き

こんにちは
スタッフの岡田です(^O^)056.gif
今日は、カルシウムについてのお話です。
カルシウム=骨の材料!
皆さんのイメージはこんな感じでしょうか?
実はカルシウム。骨の材料になるだけじゃないんですよ003.gif
e0355864_15203972.png
カルシウムって?
人間の体の中で一番多いミネラルで、
99%は、骨や歯にあります。
…では、残りの1%は??

この残りのたった1%のカルシウム。実はとっても働き者なんです!!

072.gif出血を止める
072.gif神経の活性をコントロール
072.gifホルモンの分泌を促す
072.gif筋肉の正しい運動をコントロール

他に、筋肉・心臓・神経など、全身で働いています。

カルシウムは
骨の材料になるだけではなく、体全身に欠かせない必須のミネラルなのです。

食事でとったカルシウムはどうなるの?
カルシウムは、小腸から吸収されて、血液の中に入ります。
そして、血中に必要な分を残して、残りを骨に蓄えています。

それはつまり034.gif
骨は体を支えると同時に、
カルシウムが不足した時のために、いつでもカルシウムを出し入れできるようにストックしている倉庫なんですね。
e0355864_17375211.png


カルシウムが不足すると?

血液の中には、いつも一定の量のカルシウムが必要なので、
血液中のカルシウムが足りなくなると…

なんと!

自分の骨を溶かして取り出します!
いつもカルシウムが不足していると、骨を溶かし続けることになるので、骨がスカスカに!
骨そしょう症になってしまいます。

e0355864_15460208.png
「カルシウムって大切ね!
私、牛乳たくさん飲んで、カルシウム摂っているから大丈夫!」

そんなお声もチラホラ…

「ちょっと待って下さい!カルシウムだけではダメなんです~!」

生理痛対策の時の図を、もう一度見てみますね↓

e0355864_16193201.png
筋肉が運動する時の(収縮と弛緩)細胞の様子です。

脳の命令によって、カルシウムが細胞の中に入ると筋肉は縮みます。
そして、カルシウムが細胞の外に出ると、筋肉はゆるみます。

このようにカルシウムが、細胞の中と外を出入りすることで、筋肉は正しい運動ができるんです。

もう、お気づきですか?018.gif
筋肉をゆるめる時、細胞の外から、マグネシウムが掃除機でカルシウムを吸い出していましたね。
そうなんです!!
カルシウムは一緒に働く仲間であるマグネシウムがいないと正しい働きが出来ないんです!

カルシウムに相棒がいたなんて知らなかった~023.gif
次回はカルシウムの相棒「マグネシウム」についてお話しますね。

更に、詳しくお知りになりたい方は治療の先生にお尋ねください。
e0355864_17481333.png
END



by sougoutairyoku | 2015-10-15 14:19 | ●体の仕組み・栄養素の働き