こんにちは!スタッフ中川です(ー_ー)!!

今年の8月11日・山の日ってできたの知ってましたか?

総合体力研究所の内勤スタッフはインドア派が多数!

026.gifスタッフ中川026.gif
 運動レベル★☆☆
 ・砲丸投げ1m飛ばず
 ・ホットヨガを4回でやめる
016.gifスタッフ岡田016.gif
 運動レベル★☆☆
 ・50m走11秒
 ・ホットヨガを4回でやめる
011.gifスタッフひろ011.gif
 運動レベル★★☆
 ・水泳25m泳げず
 ・サイクリングを3回でやめる
017.gifスタッフ浩017.gif
 運動レベル★☆☆
 ・犬の糞を月1~2回は踏む
 ・ランニングを2回でやめる

そこで1年ほど前から山に登っているスタッフひろを中心に山部なるものを結成!

大阪府千早赤阪村にある楠正成の城跡があることで有名な金剛山に登ってきました056.gif


e0355864_15422793.jpg


標高1125mの低山ハイキングです003.gif

ん?今回スタッフ中川はプライベートの報告か?

誰が興味あんねん!!っと突っ込みが入りそうですが・・・

一般の登山者と違うところをご紹介します!

緊急!どないちゃうねんをご紹介079.gif

「やっぱり総体スタッフは○○○を皆持ってきていた!!」

前にスタッフ室垣がスポーツは人間にとってストレスなので、必ずブレーキをかける、これが乳酸です。

できてしまった乳酸を戻すにはビタミン、ミネラルが必要だと言っていましたよね!

参照 
スポーツと栄養  
スポーツと栄養ー実践編ー  
スポーツと栄養ー筋肉のガソリンー  
アミノ酸サプリって、本当に必要なの?


そのため、打ち合わせもしていないのに皆持ってくるものがかぶったりします037.gif


e0355864_15484979.png

何がかぶったかと言うとラムネ菓子なんです!

思わずラムネ菓子で乾杯しました068.gif

このラムネ菓子、実は結構有名ですがブドウ糖で出来てるって皆さん知ってましたか?

参照
①『糖質制限ダイエット』 知らないと失敗する!?
②『糖質制限ダイエット』 成功するには!!

おいしいし、一石二鳥です049.gif

ただし、一つだけ注意034.gif

この写真に写っているラムネ菓子の主成分はブドウ糖ですが、他のラムネ菓子はお砂糖が主成分の所もあるので裏の表示を良く見て買ってくださいね!


e0355864_15452990.jpg
山頂到着!!

疲れた~042.gifと言うわけでお昼ごはんです!
e0355864_15552748.png


名付けて「メガたんぱく鍋」

豚肉、鶏肉、鶏つくね、ちくわ、かまぼこ、たっぷりの味噌鍋です072.gif

おいしかった~ごちそうさま!!


e0355864_15481014.jpg

またまた、かぶっちゃいました056.gif

食後のビタミンBとビタミンC049.gif

これが無いと回復できません034.gif


e0355864_15482892.png

ちなみに、登山の道中は
VMパウダー
を水に溶かしたもので水分補給です!

e0355864_15482175.jpg

ビタミン・ミネラルとブドウ糖、タンパク質のおかげで、みんな元気に無事下山できました003.gif


e0355864_15415695.jpg

しかし、最後は果糖の塊「ケーキで欲に負けました・・・

せっかくスポーツしたのに、脂肪になっちゃう042.gif

皆さんもスポーツをするときは体の材料であるブドウ糖、タンパク質、ビタミン、ミネラルはくれぐれもきちんと入れてくださいね!

じゃないと、健康の為に始めたスポーツのはずが体を壊す!なんてことになってしまいますから!

ちなみに・・・

e0355864_15413914.jpg

私の今朝の栄養素はこんな感じ!

登山の為にプロテインを強化しております060.gif

いずれは標高3776mの富士山へ・・・いけるかな?


e0355864_18012713.png
END


by sougoutairyoku | 2016-06-15 16:36 | ●スポーツ


こんにちは060.gif
スタッフの室垣です003.gif

↓前回までの記事を読む↓
スポーツと栄養

スポーツと栄養 実践編
スポーツと栄養 筋肉のガソリン


私達は、20種類のアミノ酸を使って身体作りと生命活動を営んでいます。
20種類のアミノ酸のうち、体内で作れないものが、9種類(子供は10種類)あります。

この9種類のアミノ酸を、必須アミノ酸と言い、通常3度の食事からタンパク質という形で摂取しています。


e0355864_15183148.png

では
●アミノ酸を、何のためにとるの?

小腸から吸収されたアミノ酸の行方は?

①身体作り
身体作りに使うのなら、必須アミノ酸9種類(子供は10種類)そろってなければならないですね。
じゃあ、タンパク質(プロテイン)のほうが良いってことですね003.gif

②糖新生して脳のガソリンとして使う
脳のブドウ糖が足りない時に、肝臓でブドウ糖に変えて使うことができるそうです。
それならブドウ糖を摂れば良いのでは?049.gif

③処分する
必要がなければ、蓄えられないので、肝臓で処分して捨てるそうです。
処分するときに、アンモニアを作るので、肝臓に負担がかかります。あら大変!007.gif



●BCAAって?

BCAAは、Branched Chain Amino Acidsの頭文字で、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれる3種類のアミノ酸、バリン・ロイシン・イソロイシンのことを言います。

BCAAは身体作りには必須ですが、他のアミノ酸と一緒でなければなりません。

普通の食事をしていれば、食後は血中にBCAAが多くなっているし、血中にいっぱい残っています。

BCAAは、筋肉で運動中は利用されますが、運動後はエネルギー源としてはほとんど使われません。
(参考:BCKDH、グルタミン、オキサロ酢酸、スクニシルCoAとの関係)

ブドウ糖が足りない時に、肝臓の細胞で、ブドウ糖に変えるそうです。

肝臓は、脳のために仕事をしていて、肝臓でフェニルアラニンからチロシンに変えて、脳に送ります。

チロシンから、ドーパミンやノルアドレナリンが作られますが、BCAAが血中に多くあると、チロシンが脳に入るのを邪魔してしまいます002.gif

邪魔で危ないので、筋肉に加工させて肝臓に戻しています。

生命のための優先順位は、脳が一番で、肝臓・腎臓が仕事を多くすることで脳を助けます。
同じ酵素があっても、筋肉が優先されることはなく、必ず後回しになります034.gif


ではBCAAの行方は?

①肝臓がエネルギー源として使う
②身体作りに使う
③肝臓で糖新生して、血中へ
④処分する

なるほど…005.gifよ~く、わかりました~!!
みなさん、スポーツのための栄養どうしたら良いか?
ぜひ先生に相談してみてくださいね~!

e0355864_14002525.png
END


by sougoutairyoku | 2016-02-24 15:02 | ●スポーツ

こんにちは~060.gif
スタッフの室垣です003.gif

↓前回の続き↓
スポーツと栄養
スポーツと栄養ー実践編ー

今回は、筋肉のエネルギー源(ガソリン)の使い方についてお話します。
フルマラソンだと4時間以上走り続けるわけですから、ガソリンの使い方で勝敗が決まると言っても過言ではありません。

では、筋肉のガソリンって?
①脂肪酸・・・酸素を使うゆったりした運動の時のガソリンです
筋肉グリコーゲン・・・酸素を使う(1時間分しかない)グリコーゲンとはブドウ糖を筋肉に蓄えたものです
③筋肉グリコーゲン・・・酸素を使わない(2~3分、乳酸が出る)
④クレアチンリン酸・・・2~3秒しか持たない(何回使っても良い060.gif


筋肉グリコーゲンは、酸素を使っても1時間分しかもたないので、どこで使うか配分が勝負につながります!

脂肪酸をメインに使いながら、筋肉グリコーゲンをうまく配分して使います。

筋肉グリコーゲンを全て使ってしまうと、オキサロ酢酸が作れなくなり、筋肉のエネルギーは止まってしまうので、注意してくださいね!




また、筋肉グリコーゲンを使う場合に酸素を使わなければ、乳酸が出てしまい、筋肉(たんぱく)にくっついてブレーキがかかり動かなくなってしまいます。
これでは、筋肉グリコーゲンが残っても、試合終了になります021.gif



スポーツは、人間にとってストレスなので、必ずブレーキをかける、これが乳酸だったりするんですね~

できてしまった乳酸は、肝臓と腎臓でしか元に戻せないし、戻すにはビタミンやミネラルが必要で、運動中に戻すのは無理なので、終わってからになります。

次の日も試合がある場合には、いかに早く戻せるかが勝負になります。
次の日もしんどいのは、戻せてないからなんですね~


●スポーツ後は全ての栄養が必要です!
超回復のためには、正分子すべてが必要です。
毎日の練習後、正しく栄養を摂ることでより強く、より大きい身体つくりができるのです!
あなたに必要な正分子、詳しくは、先生に聞いてくださいね~!

e0355864_14002525.png

END


by sougoutairyoku | 2016-02-17 14:36 | ●スポーツ

こんにちは~♪
スタッフの室垣です003.gif

スポーツと栄養について、今回は具体的に書いてみました!
マラソンの場合ですが、応用してくださいね~!

↓前回の記事を読む↓
スポーツと栄養


[試合までの準備]
試合の1週間~10日くらい前から、朝起きる時間、食事の時間、スタートの時間など(自律神経の関係)、徐々に試合時間に合わせた練習にすることが大切です。
試合前日までは、タンパク質とブドウ糖がメインになります034.gif
短距離選手は筋肉が必要なので、タンパク質の量を増やしておきます。


そして、試合当日。

スポーツ前…ブドウ糖がメイン
当日の食事の時間ですが、朝食は、試合の4時間前までに済ませておくことです。
がっつり食べない、少なめに食べる。
朝食の内容は、ブドウ糖はしっかり、タンパクや質や脂肪を摂りすぎないようにする。
タンパク質と脂肪は、通常の半分くらいまでにしてください。
なぜなら、胃から十二指腸に移行するのに、3~4時間かかるので、消化管に負担をかけないためです。
スタート1時間前は食べないようにする。



スポーツ中…ブドウ糖と水分補給メイン
さあ、いよいよスタートです!017.gif
スポーツ中は、水分とブドウ糖がメインになるので、水に溶かして、血糖値が上がらない程度のブドウ糖を摂ることがポイントになります。
果糖は、脳も筋肉も使えないので摂らないでくださいね。
筋肉は脂肪酸からエネルギーを作っています。
ブドウ糖や、脂肪酸から、エネルギーを作り続けるためには、ビタミンとミネラルがなくてはならないのです!


そこで、総合体力研究所のVMパウダーの出番です!066.gif003.gif
実はVMパウダーは、スポーツ中の飲料として、非常に優れています!!

ハイポトニック飲料にVMパウダーを1袋溶かしたものを、2時間くらいに分けて摂るのが目安です。
アイソトニック飲料を薄めて、VMパウダーを1袋入れてもOKです!
e0355864_18105322.png

こうすると、ブドウ糖と水分、ビタミンB群、ビタミンCを理想的に補うことができ、間違いなく持久力がアップします072.gif

e0355864_18111933.png

ぜひやってみてください!!アスリートなら違いがわかるはずです!!

次回は、ガソリンの使い方についてお知らせします!お楽しみに~!

更に詳しくお知りになりたい方は治療の先生にお尋ねください。


e0355864_14002525.png
END


by sougoutairyoku | 2016-02-10 11:16 | ●スポーツ

スポーツと栄養

こんにちは♪
スタッフの室垣です003.gif

みなさん何かスポーツされていますか?
私はたまにゴルフを楽しんでいますが、プレイ中に足をつる人、結構いるんですよね~
e0355864_17035501.jpg

こうなると、楽しさも半減しちゃいます。
またつるんじゃなかと、ヒヤヒヤものです・・・042.gif

ゴルフに限らず、スポーツする人は、しない人より多くの栄養と休養を必要とします。
スポーツのための栄養と休養?何か実践されていますか?
『休養は、とってるわ~、よう寝てるもん!』
確かに、
バタンキュー!って、疲れているからよく眠れます012.gif
でも、もっと積極的な休養方法もあるので、そこは先生に聞いてくださいねー!

さて、今回はスポーツのための栄養の話をしたいと思います。
それには、まず基本のエネルギー源(ガソリン)について知っておく必要があります。

脳のエネルギー源・・・ブドウ糖(寝たきりの人でも120g/日必要)
↓下記参照
①『糖質制限ダイエット』 知らないと失敗する!?
②『糖質制限ダイエット』 成功するには!!
120g×4Kcal=480Kcal
e0355864_17191482.png
筋肉などのエネルギー源・・・脂肪酸(スポーツしない人でも100g/日必要)
100g×9Kcal=900Kcal
480+900=1380Kcal(←これが基礎代謝量です)

e0355864_15585316.png

『えっ!脂肪って最低でも、約100gも必要なんですか~?005.gif
普通、3度の食事から、ブドウ糖は摂れますが、脂肪は約60%しか摂れていないそうです。

残りの40%は、余分な糖(おかずや砂糖など)を、脂肪に変えることで補っているそうです。

スポーツ選手の場合、活動量によって変わりますが、だいたい200g以上は必要になります。

『あれ?タンパク質は?』
タンパク質は、多く食べても蓄えておくことができないし、身体作りの材料なのでカロリー計算はしません。

ブドウ糖が足りない時のみ、肝臓でブドウ糖に変えて使いますが、ブドウ糖があれば使いません。

スポーツする人は、全ての栄養素が多く必要ですが、基礎代謝量が、1380Kcalだとすると、マラソンなら、どうでしょう?
 
3500~4000Kcalも必要なんですねー!

実際には、摂取が難しくて痩せている人が多いのではないでしょうか?

e0355864_10550518.jpg

参考までに、種目別の1日あたりのエネルギー消費量です(女性の場合は80~90%程度)
●2500~3000Kcal・・・陸上(短距離走、跳躍)・体操・卓球・バトミントン・水泳(飛び込み)・フェンシング・アーチェリー・スキージャンプ・射撃

●3000~3500Kcal・・・テニス・バレーボール・ボクシング(軽、中量級)・サッカー・ホッケー・バスケットボール

●3500~4000Kcal・・・陸上(中、長距離走)・野球

●4000~4500Kcal・・・水泳・ラグビー・アメリカンフットボール・自転車(ロード)・レスリング(軽量級)・ボクシング(重量級)

●4500Kcal~5000Kcal・・・ボート・スキー・レスリング(中、重量級)・柔道(重量級)・相撲

わぁ~!!スポーツすれば、すごくたくさん食べれるんですね~037.gif053.gif

毎日のお食事でも、ブドウ糖や脂肪を制限せずに、正しく食べて下さいね~!
今日はここまで、次回は実践に向けて具体的にお話します。

更に、くわしくお知りになりたい方は、治療の先生にお尋ねください。
e0355864_14002525.png
END


by sougoutairyoku | 2016-02-03 10:57 | ●スポーツ