七転八倒 結石の真実と間違い


こんにちはスタッフのひろです。

今日は「三大激痛」の一つと言われる結石の話をしたいと思います。


e0355864_16211233.png
なにを隠そう私もその経験者の一人(総合体力研究所に入社する前)で、今日はその実体験をもとにお話しをしたいと思います。

まずどれくらい痛いかと言うと、結石の大きさや形などで異なりますが、私の経験したのはまるでアイスピックでお腹をサクサク刺されたような痛みであまりにもの激痛に動けなくなりました。

あの時の痛みといったらそらもう.....思い出しても涙が出ます(T^T)

そんな大層なと思われるでしょうが・・・

出典farm7.static.flickr.com

(大きさは3mmから7mm、まれに1cmの物もある)

この写真のようにこんなイガイガしたものが腎臓から尿管、そして膀胱を通り尿道を通るのですからその痛みは...尋常じゃないです。

一般的な治療は9mmまでは自然排出しますが10mm以上だと自然排出は難しいと言われ体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を進められます。

結石が尿管を移動するたびに七転八倒する激痛。

費用も結構高額。誰だってこんな痛い経験や出費はしたくないはずです。

ではどうすればよいか?それを今から説明します。

よく一般的に結石になる原因で言われるのがホウレン草や枝豆、コーヒーに含まれるシュウ酸を含む食べ物の食べ過ぎ。動物性たんぱく質の食べ過ぎ。

カルシウムやビタミンCの過剰摂取など言われますが本当にそうなのでしょうか?
いいえ、この考えは実はもう「時代遅れ」なのです。
続きは次回もう少し詳しく話したいと思います。

くわしくは、治療の先生や総合体力研究所の勉強会に来てくださいね!




END


by sougoutairyoku | 2017-06-21 15:42 | ●結石