ストレスから病気になる?!


こんにちはー!
スタッフの室垣です!

今回は、ストレスがかかった状態では、身体の中でどんな事が起こっているのか?

簡単にまとめてみました。

ストレッサーが降りかかってきた!

交感神経が働く!

アドレナリンやノルアドレナリンなどが、アミノ酸から生成されます。
ビタミンCなどが消費される

e0355864_16260790.png

副腎でコレステロールから、ストレスに対抗するホルモンが出ます。

結果として、血圧が上がり、アミノ酸からブドウ糖が作られ、血糖値が上がります。


A子「え~~っ!糖質制限なんてやってる場合じゃないわね!」

B子「コレステロールから??低くても大丈夫かしら?」


副腎が腎臓の上にあるのは、副腎が腎臓に働きかける為なんですね~
e0355864_16224501.png

身体の中では、これから戦うぞ!という準備をします。
ビタミンB群も消費される

血圧上げる!
心拍数上げる!
代謝上げる!
眠れなくする!
血糖値上げる!
免疫を抑制する!

e0355864_16221916.png


しかし、これが長引くと…

e0355864_16112910.png

さらに免疫力低下(身体の修復は後回しになり、守る力も落ちてしまう)

ストレス状態が長引くことで、いろんな病気になったりもします。

例えば、ストレスがかかった状態が半年以上に及ぶと、糖尿病になったり、胃潰瘍になったり、女性だったら、生理が止まったり、子供は身長が伸びないとかもあるそうです。

その他にも、高血圧、心臓疾患、神経症、消化器疾患、呼吸器疾患、アレルギーなど。

A子「なるほどね~、ストレスって万病のもとなのね~!」

B子「でも?ストレスいっぱいでも、病気にならない人もいるんじゃない?」

そうなんです!

ストレッサーが多くても、健康を維持できている人がいます!

例えば…花粉多くても出ない人、花粉少なくても花粉症の人…あれれ?

e0355864_16114708.png

ストレッサーが降りかかると、一番いい状態を維持しようと頑張ります。
いい状態を維持することを、恒常性というそうです。

ですから、血液検査は、恒常性を保てているかの目安になったりするんですね~

次回は、どうしたらストレスに負けないで健康を維持できるか?
ストレス対策などお伝えしたいと思います!


更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生までお尋ねください。
END



by sougoutairyoku | 2017-05-17 13:49 | ●ストレス