自分専用のコラーゲン作りービタミンAとC-


こんにちは
スタッフの岡田です179.png


では、今日は、アミノ酸を使って、人間が自分で作っているたんぱく質のひとつ「コラーゲン」のことを。

人間の体のたんぱく質の約1/3を占めるコラーゲン

ものすごく大切なコラーゲンですが、食べ物、サプリメントとしての「コラーゲン」はどうでしょうか?

前回お話したように、たんぱく質はアミノ酸がつながった長い鎖のような形をしていると言いましたね。そのままでは長~く大きすぎて体に取り込めません。
富士山を家の玄関から入れるようなものです135.png
e0355864_15571419.png

●コラーゲンを消化するとどうなるか?
卵のように、必須アミノ酸9種類バッチリ揃っているのでしょうか?
残念!
コラーゲンには必須アミノ酸はたったひとつです。リジンしか入っていません149.png
外から摂る、コラーゲンは、栄養的にはあまり効率の良くない残念なたんぱく質です145.png
新聞にも載っていますね↓

e0355864_10504173.jpg

●コラーゲンが作られる流れ
人間が作るコラーゲンは、約27種類
が知られていて(原理的には1万種類以上)、体の場所によって使い分けられています。

ビタミンAが遺伝子からコラーゲンの設計図を取り出します。
②設計図を工場に運ぶ時に、ビタミンCが活性酸素から守ってくれます
③アミノ酸がつながった鎖を1本、左巻きで作ります。
④この鎖を3本集めて右巻きに束ねる時にビタミンCが必要で、コラーゲン分子をつくります。
⑤これを何百本も集めたものを、コラーゲン原繊維といい
⑥さらに、コラーゲン原繊維を集めて束にしたものがコラーゲンと呼ばれます。

ここでポイント177.png
鎖を束ねていく時にビタミンCが必要です!

左、右と、異なる方向にねじって束ねることで、お互いが絡み合い、引っ張りに強い頑丈なコラーゲンを作っているんです106.png
それが皮膚や粘膜の土台になる!
鉄のワイヤーよりも強いそうです!頼もしいですね166.png177.png

●プロテオグリカンも大切!
引っ張りには強いコラーゲンですが、弱点は「押しに弱いこと」
だから、押しにも強いネバネバしたプロテオグリカンと一緒にいて、衝撃から守っているんですね。体ってすごいなあ~112.png

以前、スタッフ中川の記事でも登場した
体の土台作りに欠かせないコラーゲン!プロテオグリカン!
骨作りにも絶対必要です!



●コラーゲンやプロテオグリカンのサプリメントは必要?
コラーゲンもプロテオグリカンも、とても大事な物ですが、それを飲んでも、食べても、直接、お肌にくっついたり、関節液になったりしません153.png

美味しいから食べるのは良いですが、サプリメントは必要ないです129.png

●では、どうしたらいいの?
卵やお肉など、正しくたんぱく質を食べて、分解して、アミノ酸から自分専用のコラーゲン・プロテオグリカンを作ってくださいね。

ビタミンA、Cもお忘れなく162.png

どうしても、たんぱく質を食事で摂るのが難しい場合は、プロテイン(たんぱく質)を利用するのもありです。
私は、卵2個しか食べてない…たんぱく質足りてないな~という日は、プロテインを飲んでいます113.png

e0355864_10570495.png

たくさんのサプリメントを飲んでいる方から、ご相談を受けますが、意味の無い物や、高額な物、有害な物が多くて驚いています140.png

総合体力研究所では、体作りに必要なサプリメントのみを作っています。ご安心ください!

更に詳しくお知りになりたい方は治療所の先生にお尋ねください。


END
e0355864_17481333.png


by sougoutairyoku | 2017-04-26 14:25 | ●たんぱく質