来年に向けての花粉症対策

こんにちは!
スタッフの上杉です。

↓前回の記事を読む↓

今回は、まとめとしてお話したいと思います101.png

結論として、来年に向けた花粉症対策には、皮膚 粘膜作りが大事です!

その材料は、3度の食事を基本(白ご飯、タンパク質)にして、その他に、ビタミン、ミネラル21種類が必要です。

特に、ビタミンAとCの強化です165.png
e0355864_15251670.png


皮膚粘膜作りに欠かせないのは、特にタンパク質、ブドウ糖、そしてAとCになります。

粘液 関節液など、プロテオグリカンというネバネバした多糖体、そして粘膜の土台は、コラーゲンなどのタンパク質からできているからです。

鼻水やクシャミは、ウイルスやバイ菌108.png=敵の防御のために
粘液と絡み付いて、外に出そうとしています。

その症状は、体が対応しているという意味では、悪いことではないのですが、
花粉の時期でも どんな時期でも 敵に負けない体作りが必要になります。

そのため、体作りは、コツコツですから、今から、来年のこの時期にむけて、しっかり栄養をとり、きちんと体作りができたなら、きっと来年の今頃は、去年と比べると非常に楽だと感じるはずですよ。

是非、基本の食事と栄養強化(特にAとC)で、来年の準備をしていただけたらと思います。
詳しい栄養の量や、体作りについては 治療所の先生にお尋ねください。

END
e0355864_15033802.png



by sougoutairyoku | 2017-04-05 14:44 | ●花粉症・アレルギー