スタッフおすすめ!日焼け対策!

こんにちは
スタッフの岡田です(^○^)056.gif

e0355864_14191592.png

照りつける太陽!日差し!紫外線!
毎日暑すぎる!!058.gif042.gif

皆さん日焼け対策はされていますか??

お客様からこんな質問がありました!

「飲む日焼け止めっていいの?」

ひ、日焼け止めを飲む!?
えー!!020.gif
なんでも、芸能人やモデルも愛用とか?
それってほんとに大丈夫??007.gif
ということで、総合体力研究所がお答えします!

e0355864_16443977.png

まずは日焼けの仕組みから

皮膚から紫外線が入ってくると、細胞にダメージを与えて、皮膚がんの原因になります。
なので紫外線が入ってこないように、皮膚を守るために、黒い色素を出して防御します

これがメラニン色素です。

なるほど!メラニン色素は皮膚を守るためのバリアなんですね!
確かに!アフリカの方は日差しがきついから真っ黒でいつも皮膚を守っています。


さて、日焼け止めには2種類あるって知ってますか?

皮膚の外で紫外線が入らないようにカットするもの
よくいう、UVカット。私も使っています!

皮膚の中でにメラニン色素を作らせないようにするもの

え…?
メラニン色素を作らせない…?!
それって、肌を守る正しい反応ができなくなるってことですね007.gif!!
バリアが出来ないから、紫外線は入りっぱなし!恐怖!!あかーん!

以前、某化粧品メーカーで、美白化粧品を使用した方が、白斑(皮膚がまだらに白くなる)副作用で問題になっていましたよね?
あれも、メラニン色素を作らせないようにようにしたものでした。

ということは……飲む日焼け止めも……

怖すぎますね。



そこで、総合体力研究所スタッフはこうして日焼け対策しています072.gif

オーソウォーターで水分補給
(沖縄海洋深層水+ビタミンA・C・E・パンテノール配合)
e0355864_15362291.png

オーソクリームで保湿
(沖縄海洋深層水・夏でもべたつかず、さらさら)
e0355864_15370894.png

皮膜作り応援することでバリアの膜をつくります。

あとは、必要最低限、紫外線をカットする日焼け止めを塗る。

e0355864_15375791.png

日焼け止めにも、たくさん化学物質が含まれているものもあります034.gif
皮膚にそのまま塗ると、荒れてしまう方も多いです。
日焼け止めを塗る前に、オーソウォーターとオーソクリームの重ねづけをして保護します。

参考:お肌にビタミン足りてますか?

日焼け止めや軽いお化粧ならオーソ・ソープできれいに落ちるので、ぜひ一緒に使ってみてください006.gif

参考:すごいぞ!オーソソープ

うっかり日焼けしてしまった皮膚は火傷と同じ状態です。
そんな時も、オーソウォーターとオーソクリームを重ね付けしてくださいね016.gif


でも……体を守る正しい反応とはいえ、真っ黒になったり、シミになるのは嫌~007.gif!!

心配無用!大丈夫です!!049.gif072.gif

普段から、ビタミンCが体の中にあれば、出来てしまったメラニンはきちんと処分されます。
すでに少し、日焼けしてしまった私ですが…毎日しっかり栄養を摂っているのでまたすぐに元に戻るでしょう!ふふふ。

もちろん、日傘や帽子、羽織りもので、日差しを防ぐこともおすすめです!
最近は男性用も日傘が売ってるらしいです060.gif

外からの防御も大切ですが、まずは体の中から、しっかり栄養を摂ってこの猛暑を乗り切りましょう016.gif

詳しくお知りになりたい方は、治療所の先生にお尋ねください。

e0355864_17481333.png
END

by sougoutairyoku | 2016-08-10 14:15 | ●オーソウォーター・クリーム・ソープ